EV化

相変わらずの内容ではありますが・・・。良ければお時間ある方は、少々お付き合いください。

先般ステップワゴンにHVが追加とのニュースを少し取り上げましたが、今度は昔の名前が復活。(海外では、続いていましたが。)
カタログをたまたま入手。眺めていたらいろいろと実車見る前に、突っ込みどころ満載。。。
車としてはよくできているのかも知れませんがね。
代表するネームの復活は嬉しいが・・・。まぁそれ以上は言わぬがハナってことで。
先日のハンガロリンクは、タイヤ変えずに終盤ファーステスト(これはこれで立派)で、かろうじてラップダウンを免れたが、2台ともノントラブルで走り切った。リリースにもあったがやっとスタート地点。。。
夏休み明けのスペック4がどうでしょうかね。

今回は、スズキの話題から。スイフト(・スポーツ)がマル耐や走行会でも多く参加していただいておりますが、カルタスから続くスポーツ路線を引き続いており代表車型のヒトツであります。
マイルド・ハイブリッドを少し前から展開しておりましたが、昨年末にシレっとソリオで、最近スイフトでストロング・ハイブリッドを出しております。
ほとんどEV走行ができないとか、いろいろ指摘する方もいらっしゃるようですが、自社のマーケットを考えて、コスト・スペースを含み他社パテントもかわし、なかなか良く考えてある。(と思う。)
構造的には、目からウロコ的なとこもありAGSの弱点をうまくカバー(しているようにみえる)。ちょっと乗ってみたいかな。
そんな流れで、本日ニュースサイトにありましたが、トヨタとマツダが以前の技術提携に加え資本提携とのこと。
ここへきての、世界的な急激なEV化に対応するには、好調とはいえ単独ではドンドン難しくなってきているのだろう。
しかし、欧州のEV/PHV化への流れは急激に感じるが、実質販売数でハイブリッド技術の先駆者であるトヨタの一人勝ちがどうにも我慢ならなくなったのか とも思える。。。
LMP-1でライバルが居るうちに勝てなかったトヨタが実は市場では1位だったなんて、、、オリンピック同様 日本が勝ち続けるとルールが変わるのも同様か。
でも、インフラどうするんだろうね。
EU某所の試算では、8割の車両がEVに切り替わると新規原発がさらに50基ほどの電力が必要とのこと。化石燃料の発電で賄うと大気汚染のレベルが上がってしまうらしい。大きな環境問題からすると本末転倒の気もするが。。
日本も同様かな。ベース電源どうするって若干ヒステリックな部分もあるが、自然エネルギーだけでは難しいか。
このアタリで、EVがなかなか増えていかないのかもしれない。
一時期、スマートグリッドの話題も多かったがここんとこあまり聞かなくなってきたけど、日本の場合はこの方向性で進めるのもありかとは思う。
また、数の問題として、充電器も相当数増やさないと困ったことになるのも見えている。
これについては、欧州主要メーカーで更に高出力の充電インフラを整備とのこと。
また、別問題として、車両との接続コネクタは一応、日本生まれのチャデモが世界基準なのだが、上記はコンボを使用するらしい。。。

現状、航続距離を延ばすのには、電池容量を増やすしかなく、そうなれば充電時間が伸びる。
これを何とかしようとすると、高出力にして時間短縮。。。
しかし、素人が350kWhをコネクタ一つで扱ってしまってよいのかネ。(通信で主電源はコントロールはされているが・・・)

そんな中、ちょっと明るいニュース。
これもニュースサイトからですが、トヨタさんと東京工業大で全個体電池搭載のEVを2022年に売り出すとこと。
お披露目はたぶん東京オリンピック。
全個体電池は、おおよそ現行リチウムの2~3倍程度の航続距離とのこと。
上手くいけば、またまたトヨタのブッチギリか・・・。
その後、前に触れた空気電池が実用化されれば、燃料電池と組みあわわせれば鬼に金棒。(やっぱり水素が本命か)
まだまだ日本の基礎/応用技術も捨てたものではないと思うのですが、自動車の技術がいつの時代も国の力となるのは 偶然なのか必然なのか・・。

それにつけても、モータースポーツはどうなっていくのでしょうかネ?
個人的には、SUツインとかデロルトとかソレックスとかウェーバーとかの環境的には良くないが の方が気持ち的には刺るんですがねぇ。

今回の画像は、先日のFSWの画像です。
717fsw.jpg
http://allsports.jp/event/00461400.html ここで販売中です。
気に入ったのがあれば買ってくださいね。

ではでわ。

コメント

非公開コメント

プロフィール

withmestaff

Author:withmestaff
WITH MEスタッフブログへようこそ!こちらでは、普段なかなかお伝えすることの出来ないWITH MEでの出来事を、スタッフが紹介していきます。

WITH MEホームページ

東京都足立区鹿浜7-11-3
TEL03-5838-7397
FAX03-5838-7398

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター