FC2ブログ

PHV

WECで、2020からの新しいレギュレーションで、ピットストップの後1kmは電力だけで走行しなければならないという規則がまだ案ではあるが発表されました。
LMP1総倒れで、一時はLMP2が優勝?てな状況にもなりポルシェが意地でなんとか面目(?)を保ちましたが、レース後もLMP2でいいんじゃネの内容もチラホラありましたが、やっぱりアメリカと異なり技術面での進化はやはり魅せないというところか。
ピットイン時に、急速充電することになるのかね。
給油時は作業できないのだが、充電時もそうなるのかね。
その昔はリグが刺さらないとかいろいろあったけど、今度はコネクタ刺さんないとか感電したとかが出てくるんだろうか。
前にも書きましたが、特に欧州でのゼロ・エミッションへの流れの中で、考え方と見た目だけは量産車と同様のシステムの採用との考え方の様です。
余談にはなるが、このシステムだと今年のトヨタ#7のピットエンド発進時のクラッチ加熱は無かったことになる。
というか、普段は使わないエンジン用のクラッチって何?もあるが、一回きりの使用でオーバーヒートするようなクラッチって何よ?
まあ構造上必要なら、なぜテストしていない?この状況で壊れるようならテストすればすぐに判るような気がするのだが・・・。
しかし、F1で消滅したトークンがWECで復活するのか。先進(行)技術にコストはどうしてもかかり、たまたま上手くいったメーカーに他が追い付けなくなるいつか見た状況にも。。。(いや今も続いているか)
しかし、この1Kmの考え方で各メーカーの差が出るかな?
現状量産車でも、日本車の所謂ハイブリッドと海外のPHVでバッテリーの使い方が大きく異なる。
ハイブリッドは、全行程の使用状況の中でいかに充電・回生を使い、一番燃費に効くところでモーターで走る。
一方欧州PHVは、まずは電池で走ってください。普段のチョイノリはこれで充分でしょ。電池無くなったらガソリンで走ってね~。
と、レンジエクステンダー的な考え方で、回生でもほとんど充電しないし。当然(おそらく)コチラの方が、協調制御は簡単とは言わないがシンプルなはずだが、バッテリー容量を上げることにより、ゼロエミッション走行が長くとれるので、欧州燃費表示にはこちらの方が有利の様です。
日本車も、ハイブリッドと並行して、PHVも数車出てきましたが、あくまりにもプリウス効果がありすぎて、車両価格の差もあり好き者向けになってる様子。(まぁ現行プリウスPHVが急速充電口が付いたのはちょっと驚いたが)
こうやってみてみると、EVまでの一過性の物でみているか、EV転用を考えたエンジン主体の物なのかで大きく分けられるかな。

stepW.jpg
で、1.5Lターボで流行りのダウンサイジングを先取りしたはずのステップワゴンが、ついにハイブリッド投入とのこと。
待望の~ なんて書かれてしまっている・・・。まぁ時代の流れを読みそこなったか、3代目フイットの不祥事でそれどころじゃなかったのかは分からないけど、ノア・ボク/セレナに対して一人負けではせっかくのスプリット・バックドアも生かされず。
システムは、アコード/オデッセイのi-MMDのスライド登板。不評のフロントマスクも併せて心機一転で巻き返せるかナ。
個人的には、i-DCDが好きなんだが(システムとしてベストとは言わないが)。。。

さて、今週末はモテ耐の予選(3時間予選レースも)でありますが、レッドブルリンクでオーストリアGPです。
スペック3が2台揃って正式に投入ってことらしいが、さてどうなるかあまり期待しないで応援しましょ。

今回はこんなところで。
でわでは。

コメント

非公開コメント

プロフィール

withmestaff

Author:withmestaff
WITH MEスタッフブログへようこそ!こちらでは、普段なかなかお伝えすることの出来ないWITH MEでの出来事を、スタッフが紹介していきます。

WITH MEホームページ

東京都足立区鹿浜7-11-3
TEL03-5838-7397
FAX03-5838-7398

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

月別アーカイブ