FC2ブログ

ゼロ戦

先々週のINDY500の日本人優勝が、少しづつではあったがニュースなどで報道された。
しかし、扱いが・・・。アメリカ人にとってINDYはいかなるものかってのがもうちょっと欲しかった。
故に、どれだけ価値あるものか。今やアメリカでは"タクマ"は超有名人ですね。
先週末、空の"F1"と言われるエアレースが千葉の幕張で昨年に続き開催され、日本人が連覇。
"空"物はあんまり判らないが、これはこれで凄い と思う。(Gのかかり方が・・ 競技中の最大Gのリミットがあるって・・・。)
でも、今回のトピック(あくまで個人的だが)はゼロ戦。
22型の再生機でエンジンは残念ながら、P&Wに換装されている。
21型の優美さが戻りゼロの美しさの原点に近い。
随分前になるが、52型の残存唯一の栄を積んだ機体を竜ケ崎に見に行った事を思い出す。
牧歌的な星形エンジンのサウンドが、妙にDNAに刺さってくるものがあった・・・。
技師たちの努力むなしく、栄に固執した海軍の方針で、結果的に"運動性能だけ"になってしまったため、兵器としては時代遅れになるのが早かった。書き出すとキリがないのでこのヘンでやめておく。
1_1.jpg

その昔は、欧米が恐れるほどの創造力と開発力と持っていたために、戦後は"飛行機開発の禁止"となり、悲願のYS11は価格だ高すぎ売れず、、、MRJがその後継。最近あまりニュースがないがホンダジェットは白眉。。。あと、F3早く~。。。

と、今回は中国と同様、大気汚染対策に悩むインドが2030年までに国内で販売する自動車を全て電気自動車に限定するとの報道に対して、またまたEVについて考えてみよう~ と思ったのだが、、、 またの機会に。

ではでわ。

コメント

非公開コメント

プロフィール

withmestaff

Author:withmestaff
WITH MEスタッフブログへようこそ!こちらでは、普段なかなかお伝えすることの出来ないWITH MEでの出来事を、スタッフが紹介していきます。

WITH MEホームページ

東京都足立区鹿浜7-11-3
TEL03-5838-7397
FAX03-5838-7398

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

月別アーカイブ