マル耐第12戦ニュースvol.18

さて毎週金曜のマル耐ニュースです。気がつけば18回目です。前戦終了から1ヶ月後にスタートしたマル耐ニュース、秋から冬からようやく春らしくなってきまして、そろそろ早割終了へのカウントダウンになりそうな感じです。
4輪エントラントの方々、まずは満員御礼!(キャンセル待ち数チームです(^^;)
ありがとうございます!

2輪エントラントの方、そろそろ30チームに届こうかというところです。
早割終了までは12日ほどとなりましたね。ご検討中の方、どうぞお早めに…。

さて今週はコース上のお話。前回はこんな内容でした

あ! 来週のマル耐ニュースで紹介させて頂ける皆さんが撮影されたマル耐の映像を募集しております! よろしければぜひ!この記事へのコメント、もしくはeventあっとまーくwithme-racing.comへお知らせくださいませ。
なにやらたくさん集まらないとお流れになるようですので…よろしくお願いいたしますm(_ _)m

●ということで改めて…
ライセンス不要、初心者でも走れるのがマル耐のウリではありますが、サーキットを走る以上は最低限のルールを知っておかなければなりません。
サーキット走行には当然ながら一定の危険が伴います。やはり私達としてもルールに関してはうるさいほどに言い続ける必要があります。スポーツである以上ルールは守って、楽しく走りましょう。

■オーバーテイクする側の話

まずは追い抜きの方法。そりゃもうアレやで、バァーンっていってズバー抜くんや!

はい。

・スリップストリームは使わない
レースといえばコレですが、ルールブックにも記載の通り前方視界のない状態での走行自体非常に危険ですのでマル耐では使わないようにしましょう。
同じようなスピードで走るマシンとの競り合いの際も、真後ろではなく斜め後ろなどにつけるようにしましょう。四輪の場合は前車の死角に入らないように、という点も意識しましょう。

・ブレーキングで並んでのオーバーテイクは慎重に
レースやサーキット走行に十分慣れている方は後ろから速い車両が迫っていることに気付けるかと思いますが…どうしてもそうでない方も多いのがマル耐です。
ターンインする前には前車の視界に入っていないと…被せられて接触!ということも十分起こりえます。スピード差が十分でない場合にはブレーキングで並びかけるのはなるべく避けましょう。

・急なライン変更をしない
後ろに誰もいないかと思いきや…

・前車には自分が見えていない
先ほどの話とつながりますが…基本的には全く見えていない前提で走りましょう。インに並ぼうとしたら被せられるかも、アウトから抜き去ろうとしたらレコードラインをそのまま走ってくるかも。

・追い越しはストレートで
ということで、なるべくストレートで…追い抜きをお願いしたい所存です。
よろしくお願いいたします。

※・・・以前クラクションを鳴らされた事例もあるようですが(笑)サーキットでは使わないでください(+_+)

■オーバーテイクされる側の話
では、抜かれる側になったときはどうすればいいのでしょうか。

・ミラーをよく見る!怖いなら目視!
やはりサーキットに慣れていないと、前にばかり集中してしまうもの。(^^; 
これが一番まずいのです。。。 
ルームミラー、サイドミラー、目視! と、教習所のような走りですが安全には代えられませんよね。
速い車両が来ているときの対処は下記しますが、まずは来ていることさえ知らない方が多い現実。
ぜひ、ご自分がオーバーテイクされる側だとわかっているかたは実践お願いします。

・ウインカーは使わない
GTなどでは速いマシンに譲る際にウインカーを出して進路変更をするシーンなどが見られますが、あれ自体ドライバーによって「自分が行く方にウインカーを出す」のか「抜いていって欲しい方にウインカーを出す」のかマチマチで誰がドライブしているのか見極めないと危ない…なんて話も。 ハザードも然り。
相手に誤解されるようなサインは 無し! にしましょう^^

・急なライン変更をしない
「あっいけない譲らなきゃ!」と思った時点で危険な状況です。速い車両がすぐ後ろにいると思ったら、逆にそのまま走りましょう。

・ライン変更を伴う譲りは余裕があるときだけでOK
「うわー後ろに誰かいる」と思ったら、基本的にはそのまま走ってOK。
ラインが交錯しないシチュエーションを考える余裕があれば安全に譲りましょう。
袖ケ浦だとやはりT4のヘアピンでインを空けるのがよいでしょう。T9もタイトなヘアピンですが、T8は左コーナー、T9は右コーナーなので、進入ラインが交差する危険があり要注意。

・普通に走る
結局これが第一です。後ろから速度差の大きい車両が近づいていることに気付いたら、あくまでも普通に、普通に…。そうしていればきっと吹き抜ける風のように抜いていってくれます。
抜く側の選手にとって予想もつかない動きが一番危険ですので、却って淡々と走りましょう。そのままのラインで、いつも通りのブレーキングポイントで、普通に加速して…。

また分からないことがあれば、いつでも事務局へご相談ください。

次回も安全に!楽しいマル耐にしましょうね。

さてお次は出展・ご協力各社のご紹介パート3です!


PIVOT.png
お次は株式会社ピボット様
メーター類やインテリアの機能アクセサリーでお馴染みのPIVOTブランド、近年は高性能・高機能のスロットルコントローラーをリリースされています。現行のクルマは気がつけば電スロ制御車がほとんど。スロコンも必須アイテムとなりつつありますね。


CHUHATSU-PLUS.png
ハイパフォーマンススプリングブランドのCHUHATSU PLUS
純正装着用スプリングとしても採用される中央発條の技術を活かしアフターマーケットへ。
高性能・スポーツ指向から車高アップを目的としたちょっと異色のスプリングなど、ハイパフォーマンススプリングブランドです。


tcl_advance.jpg
トリはTCL ADVANCE
こちらは有名ブランド製品の生産で培った技術力で開発された冷却水・ブレーキフルードなどの高性能ケミカルのブランドです。
86/BRZにお乗りの方にはお馴染みでしょうか。
水より冷えるクーラント、規格を大幅に上回る性能のDOT3(!)、DOT4ブレーキフルードもラインナップされています!

マル耐の会場ではご協力各社・ブランドの製品にも触れられるかと思います。
機能に関わるアイテムがほとんどの硬派な出展ブースになるかと思いますので(笑、愛車のパフォーマンスアップの糸口としてぜひお立ち寄りください!
----------------------------------------------------
袖ケ浦マルっと耐久レース形式走行会 第12戦
4/29(土)-30(日) 土曜:二輪 日曜:四輪
袖ケ浦フォレストレースウェイにて開催!
maru12v1_s.jpg

★マル耐公式練習
3/26(日)袖ケ浦フォレストレースウェイにて開催の走行会はマル耐公式練習も兼ねております!
マル耐参加者以外の方ももちろんOKです。
0326sode.png

コメント

非公開コメント

プロフィール

withmestaff

Author:withmestaff
WITH MEスタッフブログへようこそ!こちらでは、普段なかなかお伝えすることの出来ないWITH MEでの出来事を、スタッフが紹介していきます。

WITH MEホームページ

東京都足立区鹿浜7-11-3
TEL03-5838-7397
FAX03-5838-7398

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター