車両あれこれ

当ブログでは、イベント情報を主体に書いていますが、変わりネタとして車両紹介を車種ごとにたまに書いていこうと思います。
ですが、当方の主観も随分と入る可能性もありますので、ご注意 です。(一部のグレードは触れていないこともあり)

まず、第一回目としては、エクシージ押しのWMとしては、同じミッドシップの国産スポーティーカーを扱ってみたいと思います。

はい、お察しの通り、MR-2ですね。
型式でいうと、SW20とAW11になりますが、
aw.jpg AW11についてはさすがに、最後期モデルでも平成元年車なので、よほど程度が良くないと、まずレストアから となるのであまりお薦めできませんが、マニアックさから行くと今時では少ないスクエアなデザインもあってそんなに古い車に見えません。
4AG(後期にSC付きもあり)の吹けあがりと重量バランスが良く、5リンク リジッドのAE86よりも軽快に感じたものです。シート位置も低く、当時ワインディングもそこそこ楽しかった記憶があります。また同時期にポンティアックからフィエロが同じ様な作り方で販売され、シティコミューターとかのワードで良く比較されたような気もします。
sw.jpg さて、本命のSW20ですが、エンジンが3SGに変更されターボ付きがでました。軽快というよりは、パワーで押し切る感が出てきましたね。やはり足回りが若干変更された2型以降がお薦めですが、こちらも決して新しいわけではないので、車両やエンジンの程度を良く確認を。ただし当時の鋳鉄ブロックでエンジン自体の耐久性はありますので、ボディ足回りとメンテナンスされていたか等がチェックポイントになります。程度で幅が出てきますが、乗り出しで100万円前後でWMで用意できますとのことです。
ちょこっとブースとあげてへたった足回りをしっかり組めば、峠やミニサーキットでは現行車といい勝負できる かも。
ちょっと困るのは、タイヤサイズとホイールオフセットが限定される ことくらいでしょうか。
FFコンバートのミッドシップ車ですが、バランス良くまとめられており、特にサーキットの入門車としてお薦めです。
NA車は? となりますが、NAはあえて後継のMR-Sをお薦めします。
zzw.jpg SWの場合は、ターボ付きがあるのでどうしてもシャシの性格がそのパワーを吸収するセッティングになるので軽快感が薄れがちになります。MR-Sの場合は1ZZの搭載ですが、カタログ馬力こそ少ないものの、SWよりもオーバーハングが短く重量バランスもさらにNAならではの軽快感があると思います。AT免許で乗れるシーケンシャルシフトもありますが、後々のメンテナンスを考えると、マニュアル(年式により5/6速あり)をおすすめします。こちらは、さすがに年式もさらに新しくなるので、金額もSWよりは高くなります。程度や年式、グレードによって随分と幅があるよう(おおむねSWより50万以上高い)なのでこちらは問い合わせ相談から始めたほうが良いかも。ただしその分後々のメンテ費用は抑えられるので維持費が抑えられると思います。

かつては、SW20/ZZW30の両車ともGT300のベース車両としてレースシーンを飾ってきました。
sw300.jpg  300zzw.jpg
(AWの当時は、同じ4AG搭載のAE86からAE82(カローラFX)がGr.AのDiv3で頑張っていた)

現在のラインナップからは消えてしまった個性あるミッドシップ車。
是非貴方のもとで、一台育ててみませんか?

それでは、今回でクレームが出なければ、次回 シビックあたりを取り上げてみたいと思います。

ではでわ








コメント

非公開コメント

プロフィール

withmestaff

Author:withmestaff
WITH MEスタッフブログへようこそ!こちらでは、普段なかなかお伝えすることの出来ないWITH MEでの出来事を、スタッフが紹介していきます。

WITH MEホームページ

東京都足立区鹿浜7-11-3
TEL03-5838-7397
FAX03-5838-7398

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター