FC2ブログ

CB1100 project Fの中身

今月はPrject F月間とのお達しなので今回もProject Fについて書かせていただきます。

前回、Project Fってなんぞ?ということで、表面的な部分をかきましたが、今回はその中身!
スペック云々な部分はベースのCB1100をご確認いただくとして、Project Fの詳細を見てみましょう。

まずは特徴的なタンクから!
実はProject Fではタンク後部の形状を少し変更してニーグリップがし易くなっています。
CB-Fでタンクと内股が接する部分に角がきてしまい、地味に痛いんですね。ここは弊社丸山会長がProject Fを製作する上で絶対やりたかったことの1つです。
FullSizeRender.jpg
タンクキャップはCB1100ノーマルをそのまま使用しています。
開発段階ではCB-Fのキャップを再現するという案もあったのですが、キー1本で全て操作できる事を優先した結果このようになりました。タンクキャップの後ろ側にはシリアル番号が入ります。
もちろん純正の燃料計はそのまま使えるので、旅先でガス欠!なんてことにもなりません。

機能面
オリジナルのCB-Fではシートはフレームに固定されているため、シート下の収納などはありません(FB以降はシートカウルに小物入れが付きました)がProject Fはノーマルの機構を活かしてスペースを追加!

操作は純正のヘルメットホルダを使います。
FullSizeRender_2.jpg

シートカウルごと取り外すと収納スペースが出現。
FullSizeRender_4.jpg

純正の収納スペース以外(サイドカバー内側)にペットボトル2本程度なら余裕で入りますので、雨具やちょっとした小物も入れられます。
FullSizeRender_201511091913518b9.jpg

ちょっと見づらいのですが、ユーザー様からもご要望があったセンタースタンド用の取手。取り付け箇所は車両左側、インナーフェンダー下側です。出来るだけ見た目を変えたくなかったこともあり、FRPで製作。FRP製なので軽く仕上がりました。もちろん強度、耐久性とも問題なし!
今までのインナーフェンダーに追加工でお取り付けできますので、すでにお乗りの方のご注文も承ります。
FullSizeRender_1_20151109191352183.jpg

CB-Fのサイドカバーはグロメットに爪で刺さっているだけだったため、脱落することがありました。Project Fではサイドカバーをボルト固定とし、脱落を防いでいます。
FullSizeRender_2_20151109191353c68.jpg

このように実は色々考えつつ、オリジナルのCB-Fより使いやすく、そして日常の足としても使えるカスタム車両のご提案としてのCB1100 Project Fを製作しております。今後もOPパーツなども充実させていく予定なので、ご興味のある方は是非お問い合わせくdさい~♪

前回もお知らせした、年内にProject Fが手に入る件、まだ大丈夫です。


次回は上記ベース車両の詳細をご紹介!

コメント

非公開コメント

プロフィール

withmestaff

Author:withmestaff
WITH MEスタッフブログへようこそ!こちらでは、普段なかなかお伝えすることの出来ないWITH MEでの出来事を、スタッフが紹介していきます。

WITH MEホームページ

東京都足立区鹿浜7-11-3
TEL03-5838-7397
FAX03-5838-7398

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

月別アーカイブ