FC2ブログ

最近のお仕事FACTORY

昨日の続きです。
キャブレターとエンジンの間にヒートガード付けた記事を紹介しました 今回は、燃料が高温にならない様にタンクの裏側に断熱材を付けた記事です。
GSX-R1100は、燃料タンクの搭載位置を極力下げる為、フレームの間にタンクの中央部が落ち込むように搭載されています。
元々GSX-Rのタンクの裏には、純正も断熱シートが貼ってあります。ただタンクの裏(底面)全てではないので、今回は、裏(底面)を全て覆ってみました。
写真だと見ずらいですが、、、IMG00032.jpg
IMG00023.jpg

裏側なので、タンクを外さないと全容が確認出来ませんが、派手な金色の高性能断熱材を選んでみました。
この断熱材は、薄い割に断熱効果が高く4輪のチューニングエンジンの断熱にもよく使用されています。

季節は秋に入って気温が下がって来たので、今回の作業の答えは、来年の夏まで持ち越しですが、調子が安定してくれたら良いですね、興味のある方はFACTORYまで、ご連絡ください またFACTORYの仕事やカスタムを紹介していきます。

コメント

非公開コメント

プロフィール

withmestaff

Author:withmestaff
WITH MEスタッフブログへようこそ!こちらでは、普段なかなかお伝えすることの出来ないWITH MEでの出来事を、スタッフが紹介していきます。

WITH MEホームページ

東京都足立区鹿浜7-11-3
TEL03-5838-7397
FAX03-5838-7398

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター