FC2ブログ

イベント

先週末は、お天気よくの筑波1000。
現地からのFBへの画像投稿もあり、皆さん楽しんでくれたようです。
朝晩はまだ少し冷え込むこともあり、服装に困ってしまう今日この頃、風邪っ引きも意外と多い。
体調管理万全に。

さて、今回の画像は、4/6の袖ヶ浦から。
伸び伸びと楽しんで頂けたようです。
4061.jpg
4062.jpg

さて受付状況ですが、
5/6 筑波2000は、2輪キャンセル待ちが20台ほどで変わらず
6/2 筑波1000は、絶賛受付中
マル耐は、4輪は残枠は僅か、2輪も埋まりつつの状況です。
★ツーリング★ 5/16~受付開始
※7/13-14 http://ur0.link/IjjW 
■マル耐16戦■ 
※6/22・23 受付中 http://urx3.nu/EWT1
●筑波1000走行会●
※6/2 受付中 http://urx3.nu/Xf7d
●筑波2000走行会●
※5/6 受付中 http://urx3.nu/3Wp9
●袖ヶ浦FRW走行会●
※9/29 開催2か月前から受付開始
◆HIZA-SURI CAMP◆
※7/21 開催2か月前から受付開始
◆オフトレ◆ 全戦エントリー可能
※8/3 受付中 http://urx3.nu/ysW2
◆チキチキ◆ 全戦エントリー可能
※5/19 受付中 http://urx3.nu/cwDg
◆カートレ◆ 全戦エントリー可能 
※6/3 受付中 http://urx3.nu/UoNO
☆2019イベント一覧☆ http://urx3.nu/7PV7




////////////////////////////////////////////////////////////////

アクセルが戻らなかった、ブレーキが効かなかった・・・
ひと昔前の、サーキットでクラッシュしたドライバーの常套句(概ねの場合)
FISCOの100Rや300Rは状況によってはシャレにならない(さすがにバンクの時代は知らない)ので、どんなにマシンが壊れてもドライバーさえ無事ならよかった。
最近では、このフレーズが公道での事故で聞かれるようになった。
自動運転のニュースが躍る中、最新の車両ではADASがほぼ標準になり、車両の方で危険をある程度は察知・対処してくれるようにはなったのだが、ニュースに出てくるのは、もちろんそれ以前の車両がほとんど。
アクセル全開でも、ブレーキが機械的に壊れてなければ、ちゃんと踏めばタイヤは止まる。
止まらなければ、整備不良なんだが、奇怪な解説も出てくる始末。
高齢化社会の歪とも言えそうだが、一概に線引きできないところもあり、ライフラインとの絡みもあり難しいところ。
しかし、特に幼い命が失われるのは、非常に心苦しい。
自分自身が加害/被害者にならぬように、気を引き締めましょう。

//////////////////////////////////////////////////////////

とうとうパジェロの国内生産が終了するらしい。
儲からない車はヤメ の日産イムズかな。

パリダカで名をはせ、SUVのハシリだったパジェロだったが、このところはアウトランダーやRVRの陰に隠れてしまった。
大きく豪華になり過ぎたという声もあるが、レンジローバー的に生きながらえる手段はなかったものか?
ソノートのパリダカ仕様のベース車のキット製作・・・懐かしいなぁ。
元は本格4WDでもあったのだが、パリダカの変遷とともに求められるものもかわってきたのかネ。
因みに今年は、南米から中東に移るらしい。

//////////////////////////////////////////////////////////

今週F1はバクー。
前回中国では、RB15は増やしたダウンフォースがドラッグに回ってしまった様で、いまいちキレがなかった。
しかし、マックスはオトナになった。唯一の表彰台チャンスのPアウト後のベッテルとの攻防。
ベッテルのラインの方が子供っぽかった様に見えた。
クビアトはちょっと不運。まぁ元々の位置取りが悪かった。
ダレかけた後半に、ピットスタートのアルボンのポイント争い。
ペースの速いハースがぁ~。。。
2度もアオ旗に助けられてとはいえ、ラッキーも実力のうち。まぁFP3は余計だったが。
某氏が"セコッ"と叫んだ、ガスリーの1ポイント奪取。
ベッテルの予選モード(?)での一発タイムを辛くも破り、少しばかり面目躍如。

噂では、ホンダさん前倒しで、パワーアップVer投入らしい。
ストリートコースながら、直線長しのタイヤ・ケアの難しいサーキットですが、どんな勢力図になるか。
楽しみです。



本日は、こんなところで。。
でわ。

コメント

非公開コメント

プロフィール

withmestaff

Author:withmestaff
WITH MEスタッフブログへようこそ!こちらでは、普段なかなかお伝えすることの出来ないWITH MEでの出来事を、スタッフが紹介していきます。

WITH MEホームページ

東京都足立区鹿浜7-11-3
TEL03-5838-7397
FAX03-5838-7398

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

月別アーカイブ