雨のレース

モンツァの予選は、雨で大幅遅延で録画ができず・・・
しかし、凄い雨で中継を数時間に及びつないでいるアナウンサーやコメンテーター これはコレでご苦労様・・・。
決勝は観てないが、シルバーアローの1-2だったようです。
超高速サーキットで見た目だけでは判断できませんが、RBRを筆頭に軽いリアウイングが目につきました。
パワー不足で刺されまくりの、マクラーレンはなぜか重そうなリアウイング・・・。
ホンダの来年が随分取沙汰されているが、、、 今は何も言うまい。。。

そーいや前回に76のFISCOのF1に少しだけ触れましたが、この時は決勝大雨で、ポイント争いしていたラウダが途中棄権し、ハントがチャンピオンになったんですねぇ。これも含めて、前回紹介の"ラッシュ"で出てくるようです。

当時のエントリーリスト見ると、いろいろと懐かしい名前やマシンが。
長谷見さんドライブのKE007なんてのも最近レストアされて展示されたので、見た方もいらっしゃるかな?
日本製と言うことで、マキも出たがトラブルで予選落ち。(海外で走った日本製はホンダに続く2番手)
当時のF1は、カスタマー用エンジンでFORD DFVが多く、コンストラクターはあくまでシャシー屋さん。
エンジンもシャーシーもというのはフェラーリのみ。この辺りがF1界におけるポジションを得ている大きな要因か。
そーいや、当時の76か77のLPレコード持ってたなぁ。
12気筒だけど、フェラーリとアルファのフラット12は意外に低い音。DFVはその後のF3000と同系なので聞きなれたV8サウンド。
BRMは、、、覚えてない。
やっぱり音だけは、(リジェ)マトラのV12に尽きる。
js5.jpg
(この巨大なエアインテークは、シーズン途中のレギュ変更により、日本に来た時には無くなっていた。)
絹を裂くような と称された悲鳴にも聞こえるサウンドは鳥肌もの だった様な・・・。

ドライバーは、先の長谷見さん含め、日本人が4人もワイルド・カード(?)で出ている。
ke007.jpg
(KE007 予選のフルクラッシュを、徹夜で何とかカタチにして本線出走し完走)
そして、赤いペガサスでもお馴染みの(?)、アンドレッティやハント、もちろんラウダも。
0周リタイアの元祖ドリフター、ロニーピーターソンの名前もマーチで出走。翌年は6輪タイレルで出ていたから、そちらの印象が強いかな。
あと、レガツォーニの名前も。後年事故で車いす生活になったが、NSXのCMで一時期出ていたからコレで知った方もいるかも。

この時代は、フレームもセミ・モノコックだったり今に比べると安全性は遥かに低いんだろうが、いろいろと純粋だったように思う。
裏では色んな確執や金の動きもあったんだろうが、この辺は現在も変わらずか・・・。

雨のレースと言えば、65船橋サーキットのCCCレースの夭逝してしまった浮谷東次郎が思い出される。
もちろん、後世に文献で知る限りではあるが。
この日本のモータリーゼーション期におけるモータースポーツの役割は、いろいろな意味で現在より遥かに大きかったのではと思う。(S54Bが904を一瞬抜いたのもこの時期。裏話があるようだが、まだまだ海外に追い付け時代には大いに旗振りになったよう)

数年前のWECで、ほとんどペースカー先導でのレースでトヨタが勝った????なんてレースもありましたが、リスクの上にはいろいろとドラマチックなことも多くあったようです。

今回は、違うネタで書き出したら、雨繋がりでイロイロと。
そーいや10月マル耐は、もちろん快晴が望ましいですが、ウェットの方が番狂わせ(?)が起こりやすかったりして・・・。

どうも昔話が多くなっていますが、ご容赦。

ではでわ。

50年ぶり

さて今回のネタは、、、
ちょっと前になるが、メカ的にはマツダのHCCIがトピックだったり、世界的なEVへの傾斜に日本は乗り遅れたのかとかの話題。
F1では、スパの神経戦が面白かったり(ホンダは予選でなまじマアマアだったので期待しすぎで、、、ちょっと残念でした。)。
また、RA300は実は短命だった。ではなくて、日曜日の放送で少しは見せてくれるのか とか。。。
数日前の関東地域の冠水事件やハリケーンや台風でアメリカや中国の被害が凄かったり、某国のロケット発射とか、民進党の代表が決まったとか。。。
と、いろいろありますが、、、

先ほどピックアップしたニュース。
2018年に、「富士SUPER TEC 24時間レース」を開催予定とのこと。
fsw3.jpg
スーパー耐久がベースの様で、昔のイメージだとN1の耐久だが、現在ではGT3を筆頭に色んな車型が走っている。
テレビ放映がBS11で30分。。。リアル放送が無いと思っていたら、実はyoutubeで配信してたり・・・。
24時間耐久は、08年まで十勝で開催されていたが、富士では50年ぶりに開催とのこと。
来年鈴鹿で10時間耐久が開催とのことで、時期的にはその前に予定されている。(直接関係ないが、トヨタ対ホンダ・・・)
十勝は財政的な面で続かなくなってしまったが、輸送費や遠征費またちょっと不便なエリアってことで、特にプライベーターにはちょっと敷居が高かったが、反面特別な騒音規制などは無かったと思われる。(間違ってたらご指摘願う)

今回の富士の雰囲気イメージとしては、スパやニュルの24時間レースの様に、観客がお祭り的にキャンプしながらの長期滞在なんかを狙っているよう。富士なら行ってみようかと思える距離ですねぇ。。。
キャンピングカー借りて、セグウェイ借りて・・・ って贅沢?なレース観戦してみたいものです。

そんな50年前の24時間レース。
"第1回富士24時間耐久自動車レース大会"の名称で、67年開催。
JAFのリザルトページを参照すると、TOYOTA2000GTが1/2位で、燃費に優れピット回数を減らしたS800(トヨタ)がなんと3位。
(62ルマンの性能指数の勝者パナールCDと同じ800CCってのがミソ?)
日産は、リザルト上はSP311(SRじゃない)の初代フェアレディ、伝説のS54BやSP311ベースの初代シルビア。
今や乗用車が無くなった、いすゞはベレット1600GTが数台。
今や、軽と1BOXのイメージ定着に悩むホンダは、S600とS800がそこそこの台数。
米車のヒルマンインプや、名車ミニ・クーパーなんてのも。
fsw2.jpg
当時の富士は、6キロあり、現在の1コーナー先の30度バンクが1コーナーで、おおよそ現在の1コーナーはショートコースの時の最終コーナー(逆回り)だった。現在ではショートコースからチラリと見えるだけですが、現代改修前は、バンクの内側がダートコースになっており、ダートラなんぞ応援がてら見に行った事も。。。
と、昔話になってしまいましたが、F1は07/08以降今や鈴鹿定着ですが、最初は富士で始まったのは洋画"ラッシュ"でご存じか。
詳しくは、FISCOのホームページご参照ください。

やっぱり、関東近郊だと、富士スピードウェイがプライベートや仕事で行くことも多くなじみ深い。
レースは、参加するのもそうだけど、やっぱり観客も増えないとイカン。
海外のレース中継で、お爺ちゃんと孫とか、ファミリー総出?とか、野郎の軍団とか見ていると、Cultureとしての根付きが感じられる。
裾野が広がるように文化的なイベントとして景気に関係なく続けて欲しいと思うのでした。

ではでわ。

HONDA

今日から、もて耐の決勝ウィーク。
変則2Day'sの11時間耐久。いろいろと色んな意味でのトライをしているようですが、盛り上がると良いですね。
新型CBRのブッチギリとなるのか、熟成のR25や他車が速いのか結果が楽しみです。

さて、今回はホンダ万歳ではないんですが。。。
最近のニュースでホンダジェットが受注好調でセスナやエンプラを抑えなんとクラスで出荷数が世界一になったとのこと。
革新的な設計もツボに嵌った様で、性能良く市場評価も良いようです。
hj1.jpg
スバルの様に、飛行機から自動車への転向組は有名ですが、現代に自動車屋が飛行機作ってしまうとは・・・。
欧米での型式認定などの都合もあり、GEとの合弁会社で進めている様だが、戦後に民生用でYS以外にオリジナルの設計で世界の空を飛べる飛行機を作ってしまったのが凄い。。
三菱の様に戦前から引きずるものがなかったからよかったのか、GEがちゃんと仕事したのか。
(三菱は、MRJ(-トラブル続きだが・・・)やX-2(便りのないのはよい証拠?) で頑張っていただきたいが)
HONDAの古くからのモータースポーツへの取り組みが特に欧州、CVCCの先鞭性が驚かれた米国でイメージが良かったのか。
世界に羽ばたくウイングマークが(バイクですが)ホントに羽ばたいてしまった。
次次戦のモンツァで優勝50周年記念でRA300がデモランするんだそうな。
ra300.jpg
いろいろパーツの都合はあるんだろうが、キッチリ回して当時のホンダ・ミュージックを聞けると良いですねえ。
そんなF1は、夏休み明けの今週スパでは、スペック3.5と3.6を使うそうな。
好調ホンダジェットの技術をF1に なんてニュースもありましたが、どこぞのニュースによると精度がなんたら とかの話もありましたが、やっぱり肝のジェットイグニッション関係の内容でないかと思ったりもするんだが。。。
前戦ハンガリーではまずまずの信頼性と入賞の結果から、パワー勝負のスパでどこまで戦えるか。
ザウバーにフラれ、トロロッソからは過剰な要求で決裂(?)で、金払っても使いたいと言わせてもらいたい・・・と思う。
スペック4まで計画しているようだが、すでに"投入=グリッドダウン"の状況なので、ちょっとジレンマ。
流石に鈴鹿でのグリッド後方は避けたいよねぇ。

ここのところ、市販車ではパッとしないホンダさんですが、NSXは全世界で好調との話もあり、最後の鈴鹿1000kmでのNSX GT3のバトン参戦でも盛り上がっていますが、やっぱり4輪モータースポーツの頂点であるF1での活躍が見たいところです。

ではでわ。

EV化

相変わらずの内容ではありますが・・・。良ければお時間ある方は、少々お付き合いください。

先般ステップワゴンにHVが追加とのニュースを少し取り上げましたが、今度は昔の名前が復活。(海外では、続いていましたが。)
カタログをたまたま入手。眺めていたらいろいろと実車見る前に、突っ込みどころ満載。。。
車としてはよくできているのかも知れませんがね。
代表するネームの復活は嬉しいが・・・。まぁそれ以上は言わぬがハナってことで。
先日のハンガロリンクは、タイヤ変えずに終盤ファーステスト(これはこれで立派)で、かろうじてラップダウンを免れたが、2台ともノントラブルで走り切った。リリースにもあったがやっとスタート地点。。。
夏休み明けのスペック4がどうでしょうかね。

今回は、スズキの話題から。スイフト(・スポーツ)がマル耐や走行会でも多く参加していただいておりますが、カルタスから続くスポーツ路線を引き続いており代表車型のヒトツであります。
マイルド・ハイブリッドを少し前から展開しておりましたが、昨年末にシレっとソリオで、最近スイフトでストロング・ハイブリッドを出しております。
ほとんどEV走行ができないとか、いろいろ指摘する方もいらっしゃるようですが、自社のマーケットを考えて、コスト・スペースを含み他社パテントもかわし、なかなか良く考えてある。(と思う。)
構造的には、目からウロコ的なとこもありAGSの弱点をうまくカバー(しているようにみえる)。ちょっと乗ってみたいかな。
そんな流れで、本日ニュースサイトにありましたが、トヨタとマツダが以前の技術提携に加え資本提携とのこと。
ここへきての、世界的な急激なEV化に対応するには、好調とはいえ単独ではドンドン難しくなってきているのだろう。
しかし、欧州のEV/PHV化への流れは急激に感じるが、実質販売数でハイブリッド技術の先駆者であるトヨタの一人勝ちがどうにも我慢ならなくなったのか とも思える。。。
LMP-1でライバルが居るうちに勝てなかったトヨタが実は市場では1位だったなんて、、、オリンピック同様 日本が勝ち続けるとルールが変わるのも同様か。
でも、インフラどうするんだろうね。
EU某所の試算では、8割の車両がEVに切り替わると新規原発がさらに50基ほどの電力が必要とのこと。化石燃料の発電で賄うと大気汚染のレベルが上がってしまうらしい。大きな環境問題からすると本末転倒の気もするが。。
日本も同様かな。ベース電源どうするって若干ヒステリックな部分もあるが、自然エネルギーだけでは難しいか。
このアタリで、EVがなかなか増えていかないのかもしれない。
一時期、スマートグリッドの話題も多かったがここんとこあまり聞かなくなってきたけど、日本の場合はこの方向性で進めるのもありかとは思う。
また、数の問題として、充電器も相当数増やさないと困ったことになるのも見えている。
これについては、欧州主要メーカーで更に高出力の充電インフラを整備とのこと。
また、別問題として、車両との接続コネクタは一応、日本生まれのチャデモが世界基準なのだが、上記はコンボを使用するらしい。。。

現状、航続距離を延ばすのには、電池容量を増やすしかなく、そうなれば充電時間が伸びる。
これを何とかしようとすると、高出力にして時間短縮。。。
しかし、素人が350kWhをコネクタ一つで扱ってしまってよいのかネ。(通信で主電源はコントロールはされているが・・・)

そんな中、ちょっと明るいニュース。
これもニュースサイトからですが、トヨタさんと東京工業大で全個体電池搭載のEVを2022年に売り出すとこと。
お披露目はたぶん東京オリンピック。
全個体電池は、おおよそ現行リチウムの2~3倍程度の航続距離とのこと。
上手くいけば、またまたトヨタのブッチギリか・・・。
その後、前に触れた空気電池が実用化されれば、燃料電池と組みあわわせれば鬼に金棒。(やっぱり水素が本命か)
まだまだ日本の基礎/応用技術も捨てたものではないと思うのですが、自動車の技術がいつの時代も国の力となるのは 偶然なのか必然なのか・・。

それにつけても、モータースポーツはどうなっていくのでしょうかネ?
個人的には、SUツインとかデロルトとかソレックスとかウェーバーとかの環境的には良くないが の方が気持ち的には刺るんですがねぇ。

今回の画像は、先日のFSWの画像です。
717fsw.jpg
http://allsports.jp/event/00461400.html ここで販売中です。
気に入ったのがあれば買ってくださいね。

ではでわ。

PHV

WECで、2020からの新しいレギュレーションで、ピットストップの後1kmは電力だけで走行しなければならないという規則がまだ案ではあるが発表されました。
LMP1総倒れで、一時はLMP2が優勝?てな状況にもなりポルシェが意地でなんとか面目(?)を保ちましたが、レース後もLMP2でいいんじゃネの内容もチラホラありましたが、やっぱりアメリカと異なり技術面での進化はやはり魅せないというところか。
ピットイン時に、急速充電することになるのかね。
給油時は作業できないのだが、充電時もそうなるのかね。
その昔はリグが刺さらないとかいろいろあったけど、今度はコネクタ刺さんないとか感電したとかが出てくるんだろうか。
前にも書きましたが、特に欧州でのゼロ・エミッションへの流れの中で、考え方と見た目だけは量産車と同様のシステムの採用との考え方の様です。
余談にはなるが、このシステムだと今年のトヨタ#7のピットエンド発進時のクラッチ加熱は無かったことになる。
というか、普段は使わないエンジン用のクラッチって何?もあるが、一回きりの使用でオーバーヒートするようなクラッチって何よ?
まあ構造上必要なら、なぜテストしていない?この状況で壊れるようならテストすればすぐに判るような気がするのだが・・・。
しかし、F1で消滅したトークンがWECで復活するのか。先進(行)技術にコストはどうしてもかかり、たまたま上手くいったメーカーに他が追い付けなくなるいつか見た状況にも。。。(いや今も続いているか)
しかし、この1Kmの考え方で各メーカーの差が出るかな?
現状量産車でも、日本車の所謂ハイブリッドと海外のPHVでバッテリーの使い方が大きく異なる。
ハイブリッドは、全行程の使用状況の中でいかに充電・回生を使い、一番燃費に効くところでモーターで走る。
一方欧州PHVは、まずは電池で走ってください。普段のチョイノリはこれで充分でしょ。電池無くなったらガソリンで走ってね~。
と、レンジエクステンダー的な考え方で、回生でもほとんど充電しないし。当然(おそらく)コチラの方が、協調制御は簡単とは言わないがシンプルなはずだが、バッテリー容量を上げることにより、ゼロエミッション走行が長くとれるので、欧州燃費表示にはこちらの方が有利の様です。
日本車も、ハイブリッドと並行して、PHVも数車出てきましたが、あくまりにもプリウス効果がありすぎて、車両価格の差もあり好き者向けになってる様子。(まぁ現行プリウスPHVが急速充電口が付いたのはちょっと驚いたが)
こうやってみてみると、EVまでの一過性の物でみているか、EV転用を考えたエンジン主体の物なのかで大きく分けられるかな。

stepW.jpg
で、1.5Lターボで流行りのダウンサイジングを先取りしたはずのステップワゴンが、ついにハイブリッド投入とのこと。
待望の~ なんて書かれてしまっている・・・。まぁ時代の流れを読みそこなったか、3代目フイットの不祥事でそれどころじゃなかったのかは分からないけど、ノア・ボク/セレナに対して一人負けではせっかくのスプリット・バックドアも生かされず。
システムは、アコード/オデッセイのi-MMDのスライド登板。不評のフロントマスクも併せて心機一転で巻き返せるかナ。
個人的には、i-DCDが好きなんだが(システムとしてベストとは言わないが)。。。

さて、今週末はモテ耐の予選(3時間予選レースも)でありますが、レッドブルリンクでオーストリアGPです。
スペック3が2台揃って正式に投入ってことらしいが、さてどうなるかあまり期待しないで応援しましょ。

今回はこんなところで。
でわでは。

プロフィール

withmestaff

Author:withmestaff
WITH MEスタッフブログへようこそ!こちらでは、普段なかなかお伝えすることの出来ないWITH MEでの出来事を、スタッフが紹介していきます。

WITH MEホームページ

東京都足立区鹿浜7-11-3
TEL03-5838-7397
FAX03-5838-7398

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター