ル・マン2017

夏至の明日は、大雨に注意だそうです。明日のお出かけはご注意を。
ローカル題ですが、今週から都議選です。スロー走行の選挙カーが、ちょっと邪魔・・・。
ってことで、注目のトヨスは・・・。
取り敢えず移転で、5年めどで築地に戻すとかを検討するらしい。
地方卸売市場なら自治体でOk出せるし とか5年も経てばイロイロと環境や世論も(都知事も?)かわるだろうし。
豊洲の建物が構造的に使いづらいとかそもそもの立地の問題とかもあるだろうけど、築地も見た目の衛生面では?の部分もあるし。。。環状2号がって方もいらっしゃるが、現状オリンピック用だし。。。(後々は、輸送ネットワークになるんだろうけど)
まずは、豊洲で一件落着で築地残留意見も視野に入れつつの何となくの玉虫色的な選挙対策の落としどころ の様です。
この辺りは、人により様々な意見があると思いますが、なぜ"築地"にそこまで拘るのか。
やっぱブランドでしょうかね。当面生産年齢人口減のジャパンとしては、インバウンドも大きな柱。
現状では、リピーターは地方へ体験 の流れもありますが、最初のサイトシーイングとしては、"築地"の名称はガイドブックの常連でしょうかね。

やっぱり、一兆一夕では作れない歴史というものでしょうか。
って事で、やっと本題です。
トヨタさん必勝態勢で、株主総会終わりの社長まで駆けつけて、"今年は勝つでしょモード"で、地上波ではなかったものの24時間放送まで・・・。
結果は、ニュースのとおり。
#9がいきなり前車の落っことしたデブリでカウル破損 が何かの予兆だったのか。
#7がクラッチ・トラブルとは・・・。これ以上テストできない位までテストしました。って事らしいが、セーフティーカーでのスロー走行のテストは当然やっていただろうが、それの耐久まではどうだったか。特に燃費のためか片バンクカットらしいが、レギュでバルブ停止とかはできないらしいので、変形気筒停止が悪さをしていたのだろうか・・・。

まぁLMP2の最高速がLMP1より速いってのが、様々なスロー走行を強いられたとすると、これも予期できないレースのアヤか。
(最高速は遅くても、電気パワーと4駆のおかげで、LMP1のラップが10秒くらい速い。異次元の立ち上がり加速)
ボ~と続きを見ていたら、本来のル・マンってこれじゃないの?って。
セルモーターをトンカチで叩いていたLMP2のテレビヒーローは、途中のカウル改造が引っかかって、総合3位をフイにしてしまったのだが、とりあえず叩いて直すは基本。。
通常映像やらインカーで、LMP2やGTEの音聞いてたら、昔のル・マンがフラッシュバック。
異様な速さの、LMP1のメイクスが2社のみ、更に走っているのは各一台ずつ。

人・物・金をふんだんに使っても、勝てないものは勝てない と・・・。
何か、ポルシェやアウディにあって、トヨタにないものがあるんだろう。
ポルシェは、昨年の結果でトヨタをライバルと言ってくれたらしいが、ル・マンのヒストリーに載るにはまだ早いのか。

1926年から、24時間レースが開催とある。
そして、1932年に今日のレイアウトの原型となるコースにかわったらしい。
先に出した築地市場は、偶然にも数年の差1935年からとある。。同年トヨタ初の量産車AA型乗用車の試作車が出来ている。
ToyodaAARep.jpg (これは、レプリカらしい)
その数年後に、World War IIが勃発。いろいろと歴史の波に飲まれていく。

トヨタのルマン挑戦は、2TGターボのエンジンのみが1975年に不運(不遇)のMC75で出走するもののリタイアに終わっている。
10年後の1985年に2台のトヨタトムス85Cの挑戦からが歴史。エンジンがなんと2TGの末裔の4TGTってとこがなんとも。
このエンジンは、同年代WRCで活躍したTA64の系譜。
2TGは、長らくモータースポーツ界でも活躍、随分前ですが長らく欧州F3のエンジンとしても活躍。
チューニング業界でも、L20/24/28、12A/13B、と18RGとともに長らくお世話になりました。
80年代半ばまで、数度の排出ガス規制をインジェクション化も含めて乗り越えたベースの2Tから考えると長寿なエンジン。
後継は、イニシャルDでお馴染みの4AG となっていくが、こちらもAE86/82/91に搭載されモータースポーツでも活躍。
最終的にはVVT/4スロ/5バルブとなったが、時代背景もありひっそりと消えていく。

少し調べればわかる歴史を追いかけてきたが、話がもとに戻せくなってきた。。。
日本でしかヒットしなかった「栄光のルマン」での917Kと512S的な死闘(?)が必要なんだろうかと思っていたら、観たことないが「栄光への5000キロ」(コチラはサファリラリーのお話だが)が劇中に貴重なマシンがイロイロと出てくるそうな。
一度観てみようかね。

と、どこから目線?的な気がしなくもなく、面面と書いてしまったが、良い時も悪い時も続けていく ってのは、歴史に文化のエッセンスを加えていくのではないかと思った次第。

マル耐も、すでに年に2回の開催で次が13戦目。少しづつ歴史が作れてるかな?

ではでわ。



EV その3

EVの可能性など、雑事でちょこっと書いてきた流れで、前回、インドで2030年までに国内販売の自動車を電気自動車に限定するとニュースをチラッと取り上げたが、、、

世界的に、地球温暖化は喫緊の問題であり、温室効果ガスを減らさないとならないとの方向で進んでいる。
(地球温暖化の正否や判断は、ここではおいておく)
先日、パリ協定から、米が抜けるとのニュースが大きく取り上げられ、排出量第一位のチャイナは取り組みを進めるとのこと。
(努力義務がベースのパリ協定の実効性や内容の是非もここではおいておく)
目の前の自国産業の保護とこの産業の大転換に於いてのビジネスチャンスと見た の対比にも見える・・・。

インドのニュースの他にドイツの議会でコチラも2030年までにEV限定、オランダの下院でも2025年までに、ノルウェーの気候・環境大臣も同様の内容でやり取りがあったりと、決定ではないが、EUではCAFE方式ですでに規制が始まっており、乗用車に対し、 2015年の130g/kmから2021年の95g/kmの規制が決まっている。
欧州各メーカーで、ここのところで特に現行ハイパフォーマンス車のPHV車が急に増えているものこの規制対策と思われる。
(ちょっとインチキっぽいけど)

インドの温室効果ガスの排出量はアメリカ、EUに続く第4位であるがパリ協定には参加、やはり大気汚染にも悩んでいる様で、バッサリ内燃機関を切ってしまうことでステップアップするつもりなのか。
インフラは?となるが、別ニュースで東芝/WH絡みの原発政策が話題になったように、電力の確保も国策として進めており、中国にも迫る世界2位の人口を誇ることから、周りの先進国含めいろんな面から"これから"を期待してしまうのだろうか。
こと車関係となると、"タタ"が有名で、負遺産になりつつある"ナノ"もあるが、ジャガー・ランドローバーを買収したりVWと提携したりとスズキに続くインドを代表するメーカーで他にも数社あります。
でも、現在でもインドの国民車と言えばスズキでしょうか。(その低コスト量産を狙ったVWだったが、提携解消もニュースになった)しかし、そのスズキは、EV車は現在ラインナップがなく昨年末から販売されているソリオで、今までのマイルド・ハイブリッドと併行してEV走行可能なフル・ハイブリッドをラインナップ。いずれこれをベースにEV化するんでしょうか。

そして、インフラ最大のネックとして、充電時間を取り上げたこともあったが、今年の3月に伊勢市の安全試験所でEV用高出力充電器を使ったデモがあった様。主催は「チャデモ(CHAdeMO)協議会」。
現在の上限50kWを150kWに引き上げるテスト的な内容だったらしいが、1/3の時間で済むって事らしいが(機器が対応していれば3倍の電力突っ込めばそりゃ1/3になるでしょ)。。。
そのチャデモだが、珍しく欧州軍団に対抗している世界基準で実地では一歩リードしている様です。(数種の意味の中で充電している間、"茶でも"って日本的なダジャレ命名。。。)

などと、色んな分野での市場での世界的な綱引きごっこ。
欧州EV化も、実は現実的にはハイブリッドが本命だけど、すでに日本車には技術的に勝てないので、一気にEVへと行かざを得ない とか、いろいろとドロドロした部分も見えてくる。

いろいろ見ていたら、芋づるの様に色んな分野の駆け引きが見えてくる。
今回は思いつくまま、それらをピックアップ(手抜き?)。
最後に、カナダGPでも散々だった、ホンダさんのプレス・リリースの抜粋。
■電動化技術の導入強化
<四輪車>
・2030年に四輪車グローバル販売台数の3分の2を電動化することを目指しています。
・ハイブリッドシステムをベースとする、Honda独自の高効率なプラグインハイブリッドシステムを採用したモデルを、今後の開発の中心とします。
・ゼロエミッションビークル(ZEV)についても、燃料電池自動車(FCV)に加え、電気自動車(バッテリーEV)の開発を強化します。
・バッテリーEV:2018年発売予定の中国専用モデルに加え、他の地域に向けても専用モデルを現在開発中、今秋のオートショーにてご紹介します。
・開発速度を速めるために電動車両の開発体制を強化、パワートレインから車体まで1台を一貫して開発する専門組織「EV開発室」を昨年10月に研究所内に設立しました。
<二輪車>
・コミューターでの電動化を目指しており、2018年に電動スクーターなどの投入を予定。
・脱着式で簡単に交換・充電ができる「モバイルバッテリー」を用いた、利便性の高い電動コミューターのシステムを研究・開発しており、日本にて日本郵便との協業において実証実験を検討しています。

と、やはり世界の潮流に乗らんとする意向が、この部分だけでも見えてきますネ。

今回はこの辺りで。
また、EVについては今後色んな角度から取り上げてみます。
01_quarter-front-view.jpg
今回の画像は、"日本の小規模な部品メーカーにとっての、技術ショーケース"を目指したとされる和製EV GLM G4。
(インタービューでも充電時間/コストやインフラの件は、あまり詳細がなかったようなのが・・・)


ではでわ。

ゼロ戦

先々週のINDY500の日本人優勝が、少しづつではあったがニュースなどで報道された。
しかし、扱いが・・・。アメリカ人にとってINDYはいかなるものかってのがもうちょっと欲しかった。
故に、どれだけ価値あるものか。今やアメリカでは"タクマ"は超有名人ですね。
先週末、空の"F1"と言われるエアレースが千葉の幕張で昨年に続き開催され、日本人が連覇。
"空"物はあんまり判らないが、これはこれで凄い と思う。(Gのかかり方が・・ 競技中の最大Gのリミットがあるって・・・。)
でも、今回のトピック(あくまで個人的だが)はゼロ戦。
22型の再生機でエンジンは残念ながら、P&Wに換装されている。
21型の優美さが戻りゼロの美しさの原点に近い。
随分前になるが、52型の残存唯一の栄を積んだ機体を竜ケ崎に見に行った事を思い出す。
牧歌的な星形エンジンのサウンドが、妙にDNAに刺さってくるものがあった・・・。
技師たちの努力むなしく、栄に固執した海軍の方針で、結果的に"運動性能だけ"になってしまったため、兵器としては時代遅れになるのが早かった。書き出すとキリがないのでこのヘンでやめておく。
1_1.jpg

その昔は、欧米が恐れるほどの創造力と開発力と持っていたために、戦後は"飛行機開発の禁止"となり、悲願のYS11は価格だ高すぎ売れず、、、MRJがその後継。最近あまりニュースがないがホンダジェットは白眉。。。あと、F3早く~。。。

と、今回は中国と同様、大気汚染対策に悩むインドが2030年までに国内で販売する自動車を全て電気自動車に限定するとの報道に対して、またまたEVについて考えてみよう~ と思ったのだが、、、 またの機会に。

ではでわ。

世界3大レース+1

先週末は、著名なレースが3つ重なりどれを観戦するかと悩んだ挙句、INDY500を外したんだが日本人としてはコレを観ておくべきだった・・・。
3大レースの1つは来月開催の言わずとしれたルマン。
残りの2つが、モナコGPとインディ500。
結果は、知っての通りなのだが、、、。
モナコは、いつからあんなに抜けなくなってしまったのか。
もちろん、市街地コースで狭いので通常のサーキットと比べるべくもないが。
伝説の92年のセナvsマンセルが、ほんとの意味での"抜けない"のような気がする。
下位での間抜けなブロックラインを見てたら、案の定・・・。
ちょっと、マシンが高度化しすぎたのかなんとも見ててつまらなかった。
そして、今や箱車の聖地となったニュルでの24h。
今年は、いつもになく温暖な気候でいつもと異なる条件でいろいろとトラブルも多かったよう。
また、急に日本車が少なくなってしまい、また昨年覇者のMBがBOPが効きすぎたのか、上位にあまり来ず。
(名物マンタは今年も頑張ってましたネ。--ハンマーでドついていたのは、ちょっと昔のマカオを思い出してしまった)
終盤は、M6とR8の戦いに。最後は、ニュルウェザーに対してギャンブル的なタイヤ交換がタイミングよくハマったR8 #29が逆転。
ピットイン作業はドタバタでとても上位のピットインとは思えない作業風景でしたが。。
ピットと表彰台のそれぞれの表情が全てを物語っていたねぇ。
けれど、鈴鹿と富士の世界に名だたるサーキットを保有し、GT3車両を持っているメーカーや毎年エントリーしているメーカーもある日本車がオーバーオールを狙う位置にいないのは意外・・・。
(なぜか、市販車最速ラップにだけは、異様に燃えるようだが。。。)
まぁ、予算都合(配分)やら株主忖度などいろいろあるんだろうけどね。

そんなこんだでインディなんだが、人によってはグルグル回るレースね ってとこだが、興行としてキチンと歴史や文化になっていると思う。
(どうも、日本では大きな機械を使う競技というのは、流行りや操る人間に余程の贔屓が無い限り根付くのはむつかしいのか。。)
また、Webニュースで取り上げられていたが、"戦没将兵記念日の週末に日本人が勝って不快"と呟いたベテラン新聞記者が読者からの反攻により、撤回謝罪したものの、なんとクビに。マイノリティに対して非常にセンシティブなお国柄が出たようだが、それだけ米国人にとってのINDY500というのは特別なイベントらしい。
ちょっと土俵は異なるが、ちょっと前の日本の国技である相撲で、ここんとこモンゴル系の横綱ばかりの中でちょっと日本人が活躍すると、やれ国籍だの生まれだのって異様な報道が目についたのを思い出す。

そういえば1966年から続いた、歴史ある鈴鹿1000Kmが今年でなくなるらしい。(なんと初回の優勝はトヨタ2000GT)
と思ったら、やっぱり火は消せないと、2018から『鈴鹿10時間耐久レース』との名称で鈴鹿サーキットが音頭とりGTアソシエイションとブランパンGTシリーズのコラボでGT3をメインに続くらしい。中身を読むとどうも"鈴鹿8耐"の4輪版の様。
個人的には、箱車がメインなら、ニュル24hの様になってもらいたいんだが、いろいろとむつかしいかナ。

なんて考えてたら、身近にアマチュア何でもありローカル耐久レースがありましたね。。。
ホモロゲも関係ないし、燃費レースでもないし、皆がマナーさえ守れればとても面白く、育て甲斐のある耐久レース(4時間ですが)。

さて、来月はトヨタ雪辱のルマン。さすがに大きな被りレースは無い。
出来ればアウディ・ポルシェとの三つ巴が見たかったけど、仕方ない。
まあ楽しみです。

今回の画像は、悩んだ挙句、やっぱり
"101回目の 僕は死にまシェ~ん"ではなくて、101回目のINDY500.。
101.jpg
トップにたった瞬間です。(相変わらず拝借ものですが)

青山&さくらは、ちょっと微妙か・・・。
HPDのEGだし、アロンソ含め何台かはEGトラブルでリタイアだし・・・。

ではでわ。






EV その2 モーターはエンジンに勝てるか?

イギリスのコンサート後の爆発(テロ)に驚いていたら、なんとニッキーが逝去したとのこと。
自転車での事故だったようだが、ノリック、シューマッハ(コチラは報道なく・・・)といい、、、。
2005年US GPの久しぶりのラグナセカでポールからの優勝が印象深い。
イエローストロボのコーリンが2位、絶好調ロッシが3位だった。
レース自体も含め、いろいろとアメリカンな演出もあり雰囲気良かったのが思い出されます。
(リザルトには、玉田sunや中野sunが・・・ ロッシは一体いつまで走(れ)るのか。。。)
合掌です。

ちょっと暗めの話題から入ってしまったので、明るい情報をリーク(?)。
7/16-17のツーリングで、Mr.WM 丸山浩が参加の皆さんと一緒に走るのは、間に合えばRSベースのFになるかも。
まだ試作の状態と思われるが、初お披露目になるかも。
(メカさんに聞くと、いろいろ細かいところが変わっていて、そのままポン付けは不可でキットの型取りも含めて作業とのこと)
ツーリングは、まだ空きありますので、興味があればぜひご参加を。詳細はコチラ

さて、話題急転。
前回のEVタイトルで、ノートのe-POWER等に触れましたが、大まかな分類としてはEV車のレンジエクステンダー付きになるでしょうかね。
なので、基本はEVとしてみてリーフと比較。
すると、モーター自体はどうも共通の様。(まぁ当たり前か、そりゃせっかくの資産は使うわな)
沢山電池を積むか、レンジエクステンダー積むかの違いと考えても良さそう。
純粋EVでみると、一般に使用前提で市販されているのは、i-MiEV、BMW i3、テスラ系くらいでしょうか。
(アウトランダーとかアコード・プリウスのPHVは省く)
i3の電池大きいほうは、リーフの電池大きい版より少し大きいくらいのようなので、航続距離的な要素ではドッコイな感じでしょうかね。
ってことは、モーター出力はi3が125kWとリーフの80kWより大きいけど、トルクはほぼ同等の250Nm前後。
一般的なモーター特性からだと、トルクピークからは馬力はほぼ一定だけど、トルクはそれなりに落ちてくる。
EVはゼロ発進時の、とにかくトルク ドンで、おぉ~となってしまうので通常の一般路の試乗ではそこで終わるので、"いやー音もなく速いですね~ こんなの初体験!"のインプレで終了。。。
になってしまうのだが、、、もうちょっだけ引っ張ってみましょう。
すると、トルクピークを過ぎると・・・ 回転上昇が鈍くなり明らかにパワーが落ちてくる。
もちろん伸びていく なんて感じはゼロ。昔のディーゼルほどのドン詰まり感はないが、1.3~1.5リッターの普通のエンジンをちょっと無理に引っ張る感じ。スペック的にも大体合う。
かといって、緻密に回る感じはなく、重たいフライホイールが付いていてアクセルのツキも宜しくはない。
EVの場合、だいたいミッションが無く直結なのだが、なんかミッションあっても良いような気もする。
原動機としては問題ないが、Fun to かと問われると"ンンン"となる。
やりようによっては、気持ち良さは出せるんじゃないかという感じはするが・・・。

フォーミュラEが、20000rpm 200kW縛りで、どうもトランスミッションが付いている。
一般にAC(誘導)モーターは、直径でトルク要素が決まる様だが、特にフォーミュラでは出力軸が上過ぎると何かと大変。
ってなると、小径で回転稼ぐ方向になるので、辻褄はあう。(なんか栄とマリーンみたいだ・・・)
何てこと考えていたら、興味のなかったフォーミュラEだが、ちょっとばかり興味が。。
あと、こうやってみると現状だといかにテスラが枠からはみ出ているかがわかる。

Roborace_2017052319521805e.jpg
画像は、ROBOCAR 実走始めたようです。
こちらはコチラで興味あり。。。


いずれにしても素人考察なので、もし専門家が見ていたら、突っ込んでください。
(モーターもいろいろ調べると、色んな分類があって制御も磁界の制御のシミュレーターとか イロイロとムツカシイ内容が多々)

2輪もEVが増えていくんでしょうか。

ではでわ。

プロフィール

withmestaff

Author:withmestaff
WITH MEスタッフブログへようこそ!こちらでは、普段なかなかお伝えすることの出来ないWITH MEでの出来事を、スタッフが紹介していきます。

WITH MEホームページ

東京都足立区鹿浜7-11-3
TEL03-5838-7397
FAX03-5838-7398

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター