明・暗

台風みたいな雨風が関東を通り過ぎたと思ったら、熱中症に注意だと。。。
半袖でいいくらい。室内に閉じこもりの方は、室温に注意あそばせ。。

先週末は、F1とWEC第一戦のダブル開催。(もちろん場所は違うが)
F1が始まるまで、と思ってWEC見ていたら、ハイDFのトヨタが当たり前の快走~と思ったら、いつりまにかレスDFのポルシェが追い付いとる。。。 先に#7のアンチロールバーが壊れて、操縦性が悪化とのこと。BOX INしたときに、修理?と思ったらリアエンドカウルの交換・・・。で、F1レコノサンスラップを見にいっている隙に、#7がクラァ~ッシュ!!
大抜擢初乗りロペスが、やっちゃっんだが、後のリリースではサストラブルとのことで、ハリキリが空回り。
ん? サスペンション・トラブル?実況(+無線+現地)では、アンチ・ロールバー(スタビ)って言ってたよな・・・。
ここで邪推。トラブルはサードサスペンション?トリックかヒーブサスペンションじゃないだろうか。
F1はフロント主体だが、4駆なのでリア側の方がピッチコントロールしやすいのだろうか。
修理できないか、見られたくなかったかで、ダウンフォースの設定を変えたリアカウルで胡麻化そうとしたんじゃなかろうか。
タイム狙いのテスト要素の強い#7と#8でここの仕様が異なるのかもしれない。。。
決勝中盤ではあまりタイム差が無かったポルシェだが、予選の差が、ハイとレスの差と単純に理解しても良いかも。
決勝は、最後のストップをスプラッシュで済ませ1位に出たポルシェを、残13分の時点で#8が抜き返し1位でゴール。
とまぁ トヨタさんWRCも含めてレースしてるね~ って感じ。
wec22.jpg
で、ホンダさんですが、、、鳴り物入りのバンドーンさんはちっとも走れないし、アロンソさんはコーナー区間でとっても老獪テクで頑張っているが、イカンせよ車が遅い。。。。。
MGU-Hをポカポカ壊して、なんで壊れたか判らんって・・・。
前代未聞のモナコをすっ飛ばしての、インディ参戦。
大丈夫か(さくら)ホンダ。


ばい ざ うぇい。(古っ!)
前回触れた空気電池だが(空気で発電するわけではない)、いろいろとニュースにもなっているで既に見られた方も多いと思う。
リチウム空気電池の空気極にカーボンナノチューブを使用したら というのがトピックらしいのだが、随分前から空気電池の研究はされているようなのだが、今回現実的なセル形状で結果が得られたらしい。
むつかしいバケ学はおいといて、単純に現在のリチウム-イオン電池と同等の容積で15倍の容量が可能になったら・・・。
電池の使い方が変わるでしょうねぇ。
リーフなんかで、280キロモデルが4200キロ走れます。とはならないと思うので、車重のバッテリーの占める割合を低くするのとバランスされると思われる。(自己放電入れても、例えば満充電から1週間以内なら2000キロ走れますってのも面白いが)
フォーミュラEも乗り換えなしで1レースできる様になるかもしれない。

しかし、以前にも書いたように充電が問題。今回のリリースは蓄電容量が って内容なので、充電の場合がどうなるかは触れていないが、仮に容量に対して突っ込める電流量が現在同じなら、容量が増えた分単純に時間がかかる。
なので、大容量になっても充電にかけられる時間が同等なら、走行可能距離は現在と同様になる。
「CHAdeMO」の最大で流して良いのが62.5kWとなっているので、現実的には日産/三菱ディラー系の50kWのタイプが国内では大きいほうで、リーフの280キロモデルで30分充電で80%、220キロ程度走れます になるのだが、大容量電池積んでもこの辺は大きくは変わらない(実際にはオーバーシュートを防ぐ為、8割充電程度から電流を絞っていくので、大容量の方が途中で止めるなら速い)
結局は、テスラのスーパーチャージャー(コネクタや仕様が異なるので使用できないが)でもない限り、30分充電×200Kmの走行のパターンは現在のインフラで考えると、大きくは変わらないだろう。
今後は、走行したい距離を走るには、どの程度充電すれば良いか って方向が増えるかもしれない。
先の例でいうなら、300Km走行したいなら、単純に計算上はフル充電スタートで30分1回と15分1回ってことになる。(帰宅したら家でAC200Vで深夜充電-0からだと11時間)実際に充電開始場所で残0Kmってのは無いだろうけど、都合よく充電器があればよいが、事前に調べておく必要はあるかな。

ガソリン車だと遠出の場合満タンで、何キロ走れるって計算するけど、EVの場合はある程度計画立てて走行距離と充電器の場所を前もって確認しておく必要があるようです。このあたりの面倒さが、EVがなかなか増えない理由の一つでしょうか。
やっぱり、現状インフラでは近場のタウンユースはEVで、長距離はPHEVかレンジエクステンダー付きのEV(条件ありますが)と使い分けが良いでしょうが、一家に一台となると、小は大を兼ねないので ってことになりますね。

NEXCO中日本で、停車中のワイヤレス充電の実証実験を早くから行っているが、最近では走行中の充電の実験も行うらしい。
これが実際に使える状況になったら、完全自動運転と対になるでしょうか。
いずれにしてもインフラ次第ってことですねぇ。

クローズドのサーキットなら・・・。
送電設備をコースに埋め込み、走る車にワイヤレス充電。
これなら、24時間レースも可能ですなぁ・・・。

ちなみに、エレクトリックGTと言うレースが今年末から始まるらしい。最初はテスラのワンメイクっぽいけど、各レース決勝は60キロの2ヒートの様。FSWなら13周ちょっとの超スプリント。
egt.jpg
フォーミュラEよりガタイ良いし、パワーも約倍あるし、面白いかもしれない(テスラ・ワンメイクってのが・・・)。
因みに、予定では エレクトリックGT:初開催が2017/11ポールリカールです。

今回も、ちょっと脱線 事故レベルの長文。。。

ではでわ。

空気電池 = 15倍

桜の季節は、毎年なぜかあまりお天気が良くない様な気がする。
やっと、ソメイヨシノも満開になったと思ったら、冷たい雨・・・。
体調管理がシンドイ・・・。

先週末は、F1のチャイナGPでした。
なんと金曜FPが2回ともまともに走れず、ってことでFP1回だけで予選。
ハミの集中力とMBの予選モードでPPとるものの、レースペースでは紅組のペースも良さそうなので、決勝の好レースを期待。
ドクターヘリ飛ばずともの救急プランで、日曜で決行。ウェットパッチ・レース。
VSCタイミングでペッテルが早めのスリックが功を奏すかと思われた瞬間、代役ジョビナッツィがQ1のデジャヴュ・・・。
SC出動、ベッテルの野望を阻止(?)してしまった。
結果的には、ハミが独走&コントロールで優勝。ボッタスは、SCラン中にスピンで後退・・・もったいない。
予選失敗のフェルスタッペンは、後方からの追い上げって言う間もなく上位に復帰で結果3位。。。
途中なかなか面白い場面もあった。
f1-2.jpg
ベッテルとリカルドのシニアならではのギリギリ・バトル。

日の丸PUの2台は、結果2台ともトラブル・リタイア。
f1-3.jpg
アロンソはダンプ状態では、そこそこペースで、一時はシングルに。サインツに抜かれリタイア?の時はヤル気がなくなったかと思ったが、前日も交換のドライブシャフトのトラブルだそうな。なんか、全部が噛み合ってない感じ・・・。

長谷川氏談話で、モノシリンダー・テストでは~ なんて記事もあったが、モノはあくまで燃焼状態/状況を個々の条件で探るものでマルチにしたときには、吸気/排気干渉や熱変形、クランクのネジレによる位相変化等などで、モノ×シリンダー数とはならない事くらい素人でも・・・ と言いたいところだが、言えない内容が沢山あるんでしょうねぇ。
市販車は直噴が多くなってきているが、ピストン頭のキャビティで、プラグをセンターとした火炎伝播。
対して、ジェットイグニッションは、文献によると燃焼室の外側からセンターに向かう火炎伝播とのこと。
火種(火炎)にするタイミングのコントロールはむつかしそうではあるが。。
(ここのコントロールが上手くないと、変な振動がでてパワーが出ない。のはご承知のとおり・・・)
更に、国内GT500では、なんとNSX全滅とのこと。各車同じパーツの不具合で って・・・。。。
モトGPでは、レプソル二人そろってスライディング・リタイアで、ヤマハが連勝。。
INDYとWTCCは何れも1-2フィニッシュしているんだが・・・。
アップグレード版で、こんな素人にグダクダ言われないように・・・ と切に願う。

WRCはやっとヌービルが優勝。
トヨタは、ハンニネンは、またまたクラッシュでリタイアするものの、ラトバラが最終PSでセットアップの大幅変更が当たり、トップタイム。総合は4位。復帰年としては、まぁ順調か。
そして、今週末はWEC初戦。トヨタとポルシェはエアロ選択が分かれるようだが、果たして結果は、、、。

と、ホンダの結果を見て、ちょっとエキサイトしていたら結構な文字数に。

今日のタイトルは、先日のEV絡みで電池の歴史が変わるか って内容。
既に、色んなところで報道されているので、ご存じの方も多いかと思うが。
もしこのスペックで車載可能になったら って話は、、、次回にします。
タイトル見てここまで読んでくれた方はゴメンナサイ。

ではでわ。

コリジョン・アボイド・システム

暖かさが続く様になり、ようやく桜も安心して(?)全開に・・・。
あちこちでピンクのトンネルが"尖がった目"を癒してくれます。

さて、先週末はWECのPrologueがありました。
トヨタさん好調の様で、スパとルマンは3台体制で挑むらしい。
どーやっても、ルマンに勝ちたい・・・ でしょうね。。。
でもって、テスト結果は好調の様で、1/2日ともトップタイム、、、っても相手はポルシェだけなので。。。
ポルシェも、まだまだ本気かどうかは判らないけど、チーム体制から何から何まで違うので比べちゃいけないけど、まぁ少なくともHさんの様には、なっていない様子。

今週末は、ラリーフランス所謂ツール・ドコルスとチャイナGP。
F1の方は、ストレートが長くて・・・ デプロイが足りないかも なんて2年前かよって・・・。
まぁ内情はイロイロあるんだろうけど、外野は一部の情報で好き勝手に言うしかないわけで。ぜひ結果で黙らせてほしい。
WRCは、前戦とはうって変わってターマックスペシャル。コチラも見ものですが、どっちを観ようか悩む。
WECは、4/16にシルバーストーンで開幕。TS050の2016のレス・ダウンフォース・ポリシーからどう変化したか楽しみ。
トヨタ・ポルシェで次レギュが決まる2020までは、今のモノコックでやりましょ とのこと。
参加メーカーを増やすためには、F1同様コストダウンが必須らしいけど、日本勢は何れもハイブリッド目当てで参戦してるので、どこでどうやってコストダウンするかで、・・・どうなるか。

と、話題急転。
前回バイクもEV化 なんてのを書きましたら、ベスパからちょっと魅力的なのが発表されてました。
vespa-e.jpg
詳細は全く分からないのだが、946風でカッコよろし。

でもって、今度はスズキがFCバイクを公道テスト開始とのこと。(コチラもスクーターですが)
0321_01.jpg
FC? 燃料電池の事ですが、EVは充電時間が長く充電器自体の数の問題にしましたが、水素の場合はガソリン同等の時間で済むらしいので(ミライのカタログ値)、スタンドの数さえなんとかなればってところでしょうか。
スペック見ると、100~120ccのスクーターと同程度の動力性能かな。(ベースが200だからモーターだと若干上乗せか)
航続距離が、120キロらしいが、まぁ通常使用なら1/2から1/3程度か。
125のスクーターで遠出する人は、まぁそんなにたくさんはいないと思うので、普段の使用なら十分ってとこか。
福岡・静岡でのナンバー取得で、専用のスタンドでの充填らしいが、水素の充填圧はミライと同じ70MPa(?)らしいので、こちらは一瞬でチャージ?かも。
2月頭に、トヨタとスズキが業務提携?? なんてニュースがあったが、ひょっとするとFC関係はスズキを巻き込んで進めるのか なんて穿った見方もできる。旧スイフトで、軽のエンジン積んでレンジ・エクステンダーEVやったりしてたけど、ハイブリッドは機械物とその制御が一兆一夕にはできないので、EVとFC関連でスズキは未来を描いたか、、、 なんてネ。

で、話はWECに戻ってしまうのだが、ポルシェがLM GTEの方ですが、2017仕様の911 RSRを発表。
とうとう911もミッドになってしまった。やっぱりリアのアップスイープは大変重要だったってことかな。
ford.jpg rsr.jpg
FordGTほどではないが、GT3Rと比べると巨大。

WECには出てこないが911GT3Rもサポートしながらなので、デフ上下入れ替えればそのままミッドになるけどそんな訳がなく、、、。エンジンはNA4リッター いい音しそう。同じエンジンかな。。。
モータースポーツありきのメーカーなので と言ってしまえばソウなんだけど、文化なのかDNAなのか。
で、911RSRですが、"コリジョン・アボイド・システム"ってのが付くらしい。
さっくり言うと、衝突回避システムの事なんだけど、今回の場合は後方から近づく速度差の大きいLMP1を検知して警告してくれるものらしい。車高差もあるし、無用なアクシデントを避けるためには、全車採用でもいいんじゃないかと。

モータースポーツで車を鍛えて、市販車にフィードバック と言うのは、言葉を変えていろいろとありますが、市販車のサポート装置が、モータースポーツに ってのも、ちょっと面白い。

今回はネタがないなぁ と思っていたら、探せばイロイロあるものです。

ではでわ。

EV

さて、F1も開幕戦が終了。
2017仕様ですが、やっぱり不評のシャークフィンとTウイングが・・・。
後は、リアウイングが低すぎる(様に見える)。
しかし、空力パーツがややこしすぎる。ぱっと見た目には、何がどうなっているのか分からん。
更に空力マシンになったためか、昨年より抜きづらい(らしい)ようだ。

結果は、すでに皆さんもご存知かと思うが、ある程度ガチンコ勝負で先に動いたMBが、RBに抑えられてしまい万事休す。
とまぁ、銀一色でない赤が一等賞の久しぶりのレースでした。
で、、、バックマーカーの様なカラーリングになってしまったマクラーレンですが、随分寂しい結果でした。
新たに導入のTJIの燃焼コントロールがなかなかムツカシイのかな。。。

話は吹っ飛んで・・・。
モンキーいよいよ今年の8月末に生産中止らしい。50周年モデルで打ち止めだそうな。
モンキー (※HONDAのWebより)
所有したことはないが、あって当たり前的な存在が無くなってしまうと、ちょっと寂しい。
なんやかんやの規制対応が厳しくなり、対応がドンドン難しくなり採算とかいろんな面でギブアップってとこでしょうか。
免許制度がどうなるかで変わるでしょうが、50ccはいずれ全てEVになってしまうのか。
現行カブ50は、既に中華製になっていますね。(MDだけは熊本組み立て)
で、EV-neoの復活か こんなリリースが出ていますね。
"日本郵便とHondaが社会インフラ整備に向けた協業の検討を開始"
国交省からは、"モーダルシフト等推進事業費補助金"なんてのもありますので、環境的な側面からも推し進められるのでしょうか。
一時期軽の1BOX車のEV化事業も、ベース車のサンバーが無くなって・・・なんて事もありましたが、その後EV車両の話はトンと聞かないのですが、併せていずれコチラもなにか動きがあるんでしょうかね。

通常の4輪もEV化の波が来ているようで。
プリウスのPHVが既に販売月間ベースの3倍以上の受注とか、、、
先代PHVをぶっちぎりで超えられるか。
また、ノートのe-powerが好調売れ行きらしく、世間の見方も変わってきているのか。
海外メーカーも、EVやPHEVをラインナップに普通に加えようとしていたり、ブランド立ち上げたりとしているので、全世界的な動きになるんでしょう。
しかし、、、国内の充電スタンドが増えてはきているものの、まだまだ少ない。
EVだと、高出力タイプでも30分では満タンにならないのに、複数台充電器があるところはまだまだ稀。
現状でもリーフとアウトランダーが取り合いっこ。。。テスラもアダプターを使えばCHAdeMOでも可らしいので、今以上に取り合いになりそう。PHVならまだしも、EVでやっと充電器にたどり着いて先客いたら、ヤッパ待つしかない のかな。
そんなこんだで、マクロ的にCO2削減は地球の為には大変ヨロシイかと思うが、現実的なミクロのとこでは、充電待ちが原因で・・・社会問題に~ ってことにもなりかねない。

F1やWECがある意味、究極のハイブリッドになってしまっている以上、これから先いつかは市井のモータースポーツもそうなっていくんでしょうね。

モンキーの生産中止の話から、随分飛んでしまった。
今の内(?)に、化石燃料の内燃機関を楽しんでおきましょう ってか。。

ではでわ。

ボルト・オン

春分の日も過ぎ、突き刺す寒さも日々なくなり、ずいぶん日が長くなりました。
今日はあいにくの天気ですが、一雨ごとに春の足音が、、、桜の蕾もふっくらとしてきました。
走行会はすでにいろいろ消化されつつ、認知されてきた4月末のマル耐もあと一か月少々。
準備いかがでしようか?

さて、今週末よりビッグサイトでモーターサイクルショーですね。
個人的には最初に行ったのはTRCでの開催の時でした。ショップ中心で小間ブースが沢山でていましたね。
この時は、たまたま仕事で何かを届けに行ったついででってことであまり覚えていません。
一時期消滅した(?)しそうになったものの、今回で44回目。月日の経つのは早いものです。
今回、日本メーカーもいろいろと魅力的なモデルが出品されるようですが、"海外向けモデル"も多くそこはちょっと残念。
最近流行りのカフェ絡みでのレトロ・オマージュ的なものもオジサンの心をいたく刺激します。
個人的には、XSR900のメーカーコンセプト “Faster Sons”より、Y'SGEARのAUTHENTIC外装セットの方が、サクっと刺さってしまう。
初期のゴロワースカラーがいいなぁ、、、と。
けど2stじゃないし、250/350がベースでコチラは900・・・。なんてことは言わないことにしよう。
ホンダさんは、やっぱり目玉はCBR250RRですかねぇ。けどCRF250 RALLY含め、ちょっとエクスペンシィブ・・・。
別途で、実写版の攻殻機動隊仕様NM4の実車がデザイン画をどこまで再現しているかなんてのも見てみたいが・・・。

でも、世代的にはサラッと乗りたい方なので、最新型を注目されながら ってのはなんかねぇ。
最近は、幾何学的なデザインが多く、ネイキッド系でもそこまで攻めなくても ってのが多く、もうちょっと普通のカッコのバイクが欲しいってなると、ちょっと(随分)前の世代になってしまうのか・・・。
けど、旧車は維持やメンテが大変だし、と思っていたら、そう名車CB750/900Fが・・・復活?。
_MG_3590 スペンサー 2 (3)
もちろん、ベースは最新のCB1100なのでABS付でも って手前味噌か。
当然操安性がさらに良いRSベースでも可能かな。
やっぱり空冷フィンがいいねぇ~。
肝心なパーツはすべて切った貼った無しのボルトオンってのも良い。
まぁカバーじゃないので、それなりに価格はするが、なんてったってベースは最新型ってのが色んな意味で安心・安全。(豊洲かぁ)
そんなボルト・オンのフィッティング変身実演が、なんとモーターサイクルショーで見られるらしい。興味のあるかたは是非。
(何年か前の2代目コペンでもやってたなぁ・・・)

CB750/900Fと言えば、スペンサー銀かグン赤ってのがイメージとして多いんでしょうか、個人的には初期型の青がイメージ。
_MG_8822.jpg
当時としては、流麗なヨーロピアンに見えたものです。スポークの柔軟性とキャストのメンテフリーの良いとこどりのコムスターも斬新でした。

当時の人気の中免が、CB400F(ヨンフォア)がなくなり、次がなんとヤカン・ホークで確かに速いんだが、当時は超絶にカッコが・・・。
そのうち、CB900F的なホーク3(CB400N)になって少しはよくなったんだが、他社の4発攻勢には勝てず。。。
ってことで、CBX400Fになるんだが、この当時の400の現在のビツクリの中古価格。。。(綺麗に取っておけば、良かった・・・。)
で、少し遅れて出てきた750刀がスクリーンレスに耕運機ハンドルに対して、CB750Fはトップブリッジ上とはいえセパハン。
900Fとほぼ同じ形で出てきたCBに対して、やっぱり刀は1100S仕様にしたいわな(罠)。そして有名な刀狩。今では信じられないほどいろいろと厳しかった。

CB750/900Fを当時手に入れられなかったものとしては、最新SSの隣にフツーにサラッと乗り付けてみたいものです。

ではでわ。

プロフィール

withmestaff

Author:withmestaff
WITH MEスタッフブログへようこそ!こちらでは、普段なかなかお伝えすることの出来ないWITH MEでの出来事を、スタッフが紹介していきます。

WITH MEホームページ

東京都足立区鹿浜7-11-3
TEL03-5838-7397
FAX03-5838-7398

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター