イベント

今週からF1は2018の新車発表が月末テストに向けてゾクゾク登場。
ハースとウイリアムズは、すでに発表済み。
ハロは、インディではスクリーンタイプをテストの様だが、F1では例の鼻緒、、、でF2もハロ採用らしい。
空力・重量に結構影響ある様らしいが、、、一番のも名題は見た目・・・。
もちろん安全性は大事だが、そこまで言うならいっそクローズドにしてしまえばよいのに・・・。
いろいろとそうせざるを得ない事情があるんだろうが、マクのホンダ叩きがまだまだ止まない。
26日のバルセロナテストでトロロッソが予定通りのテストができて、目に物魅せてやってほしい・・・。
そして、WRCは昨日からスェーデンでの2戦目。
昨年ちょっとラッキー勝利のトヨタが1-2-8位スタート。
今年は、そのままブッチで行って欲しいわ。
で、トヨタはやっぱりGRを核として、いろいろと考えているようですなぁ。
そう、スープラ復活のニュースもここんとこ多いし。

さて、WMでは、イベント目白押し。
エントリー開始したツーリングも、中身いろいろ練ってます。
安全に皆で楽しく遊べるように細部を詰めております。

そして、本格レース体験できるカートレも日程決定。 エントリーはこちら https://goo.gl/qKrSzC
全戦エントリー可能ですので、待ってたぜ!と言う方も、そうでない方も是非エントリーを。
4/22の袖ヶ浦も受付開始に合わせて、エントリーがぞくぞく。ご予定の方はお早めに。
さて、今週末はチキチキの開幕戦です。いつもよりちょっと多いエントリーで白熱の戦い必至(?)。
年間チャンプに向かって皆様の健闘お祈りしてます。
415sodepos.jpg

年間スケジュールも、更新されていますので、是非チェックを。https://goo.gl/2YHr2c

 ★2018ツーリング
※7/14-15 富士山グルグル・ツーリング
  受付中 https://goo.gl/pdtjUA

 ■2525GP 第3戦 筑波2000
※3/25 受付中 https://goo.gl/htDX5T
 ■袖ヶ浦マルッと耐久レース形式走行会
※5/4(2輪) 5/5(4輪) 受付中 https://goo.gl/846Cpk

 ●筑波2000走行会●(2輪は満員御礼)
※3/25 受付中 https://goo.gl/TjsrUW
 ●筑波1000走行会● 
※4/22 受付は開催2か月前から
 ●袖ヶ浦FRW走行会●
※4/15 受付中 https://goo.gl/846Cpk
 ◆HIZA-SURIキャンプ◆
※3/11 受付中 https://goo.gl/JVWYrh

◆チキチキカート◆
※おまとめエントリー受付中 https://goo.gl/bYL5t9
◆カートレ◆
※おまとめエントリー受付中 https://goo.gl/qKrSzC
 ◆オフトレ◆ 8月の日程変更されてます。
※おまとめエントリー受付中 https://goo.gl/ytTxiW

ではでわ。

ツーリング受付開始です。

ぴょんやんイヤぴょんちゃんオリンピック始まってます。(わざと間違う流行りに乗ってみた・・・))
日本では、銀1銅2でメダル・ラッシュと言うらしい・・・。
しかし、時間が早かったり遅かったりで競技者は大変そうである。
金持ってる中国よりも、さすがにオリンピックはアメリカのTV局さんが強いらしい。
まともな競技ができない時間の演目をリアルに、そんなにも見たいのだろうか・・・。
都合と言えば、FISCO+トヨタ+アロンソがなんとWECの日程を動かしてしまった。
裏にある大人の事情はわからないが、なんだかちょっとね・・・。
プチ・ルマンやスーパーGTとまるカブリになってしまった。
まぁそこまでやるとなると、LMP-1HYのボッチ・トヨタは来年は無いってことかネ。

フォーミュラEのボスが、F1はそのうち廃れそのポジションに~~って言って、F1のボスが、FEをストリート・パーティーと評する。
今はF1のブランドは固いと思うが、あまりにレギュでガチガチに締め上げてしまうと一番のそして唯一の魅力がドンドン薄くなってしまう。じゃあ、これからの世の中の指向に合致する方向へ行っていいんじゃないイの?との思える。
FEの2018-19の新車は、まるでミニ4駆チックだが1レース乗り換えなしで行けるらしい。
ストリート・オンリーじゃなくて、サーキットでの走りも見てみたいような気もするが・・・。
EVのモータースポーツの進出は当たり前になってきたいるようで、ようやくハコのEVレースが始まるようで(当初はテスラのワンメイク)これもストリート・オンリーなのかね?
そして、マン島では始まっていたが来年度よりmotoGPでも電動クラスを新設するらしい。
そして、なんとTV観戦中はちっとも話題にならなかったんだが、なんとダカール・ラリーでEVが1台完走しているらしい。
スペインACCIONAと言うところのマシンらしいが・・・。どんだけ電池積んだんだろうか?

まだまだ、EVについては言いたいことは沢山あるのだが、時代の流れは止めようがないのかもしれない。
先日、航続400kmをうたう新型リーフに乗る機会があったが、その話はまた今度。

さて、今年のマル耐春宴は、エントリー続々です。
チーム紹介なんぞもやってますので、是非ご覧あれ。2輪は https://goo.gl/hXjoqy 4輪は https://goo.gl/anXUuj 
そして、7月のツーリングも受付開始します。
tu1.jpg
ツーリングについては、エントリーの方に詳細や情報を別途に出していきますので、ヨロシクです。

では、直近のスケジュールの一覧です。

 ★2018ツーリング
※7/14-15 富士山グルっとツーリング
  受付中 https://goo.gl/pdtjUA
 ■2525GP 第3戦 筑波2000
※3/25 受付中 https://goo.gl/htDX5T
 ■袖ヶ浦マルッと耐久レース形式走行会
※5/4(2輪) 5/5(4輪) 受付中 https://goo.gl/846Cpk
 ●筑波2000走行会●(2輪はキャンセル待ち)
※3/25 受付中 https://goo.gl/TjsrUW
 ●筑波1000走行会● 
※4/22 受付は開催2か月前から
 ●袖ヶ浦FRW走行会●
※4/15 受付は開催2か月前から
 ◆HIZA-SURIキャンプ◆
※3/11 受付開始 https://goo.gl/JVWYrh
◆チキチキカート◆
※おまとめエントリー受付中 https://goo.gl/bYL5t9
 ◆オフトレ◆ 大好評
※おまとめエントリー受付中 https://goo.gl/ytTxiW

今回は、こんなところで
でわでは。

今度のTC2000はちょっと特別

相変わらず寒いですね。インフルがまだまだ流行しているようなのでくれぐれもお気をつけください…

さて今年最初の筑波2000走行会は3/25(日)、待ちきれませんね。
今回は2018年最初というだけではなく、お得な企画もご用意しております! てなわけでちょこっとご紹介。

エントリーがまだの方はこちらからどうぞ!
二輪はキャンセル待ちですがまだ可能性あるかも!? 四輪もじわじわ埋まってきております。
http://www.withme-racing.com/soukoukai2/entryform/20180325tc2000/main.htm

■アルパインスターズ製品でお馴染み、Djacさんが出展!
DSC_0731.jpg
DSC_0346.jpg

マル耐やカートレにいつも来ていただいている、そして特価品で我々を惑わす(笑)Djacさんが筑波2000にもいらっしゃいます!
当日はレーシングスーツにグローブ、シューズの試着・販売を予定しております。四輪用品がメインとなりますが、一見の価値ありです!
なんとクレジットカードも使えますので、これぞ!というアイテムはその場で装備して次の走行に使えます!

グローブとシューズ、欲しいなぁ…

Djacさんのウェブサイトはこちら

■ハニービーさんの昼食付き!
筑波1000走行会やマル耐でこちらもお馴染み、ハニービーさんによるキッチンカーの出店もございます!
フリー走行参加者のみなさまは追加料金なしで、おいしいお昼を召し上がっていただけますよ!

27845782_1798367163793478_45261187_o.jpg

ハニービーさんの鉄板メニュー、焼肉ご飯です…じゅるり。
ちなみにオーナーの平山さんも二輪レーサー!です。当日は一緒に走れるかも?

そんな筑波2000走行会、走行時間6時間の走行会となりますので、ゆっくり楽しんでくださいね!

それでは!

■筑波2000走行会 & 2525GP 第3戦 in TC2000■
3/25(日) 開催!

2525gp_rd3_2.jpg
20180325tc2000.jpg

3/11はHIZA-SURI CAMP

今年第一回目のHIZA-SURI CAMPは3/11、トミンモーターランドでの開催です。
まだランニングしてもそこまで暑くなさそうです。

ということで、ヒザを擦ったことがない、サーキットを走ったことのないライダーからカッコいいライディングフォームを極めたい中~上級者までエントリー受付中!

hsc20180311.jpg


さて今日は映像でHIZA-SURI CAMPのご紹介と参りましょう。


昨年6月の演習に参加頂いた方の映像です。MOTOR STATIONの映像より当日の流れがたいへんよく分かります(・・;) 映像自体もキレイです。
HIZA-SURI CAMP、楽しんで頂けたようでなによりです!


過去のMSTVの映像も見てみましょう。


第4次関西遠征、5月なのに真夏みたいに暑かった回



N○Kのドキュメンタリーばりに阿蘇山空撮から始まる回



いい大人が真面目にふざける回



LIKE A WIND TV
茶番がお茶の間に流れてしまった回


…そんなHIZA-SURI CAMP、今年も3回の演習を予定!
トミンモーターランドにて待つ! それでは!

Project Fのベース車両になにを選ぶか真剣に考えてみる

ご好評いただいているProjedt Fですが、「ベースは何がいいですか?」というお問合せも多くいただくようになりました。
それもそのはず、最初に発売された2010年から数えて8年。初期の5速ABS有り無し、ハンドルの形状違いのタイプⅠ・Ⅱ、精悍な印象のブラックスタイル、EXが発売されると同時にミッションが5速から6速へ変更、新型のRSまで限定モデルも含めるとエンジンやホイールの色、形状、サイズ、マフラー、装備品の違いなど、バリエーションが多すぎて、これからProject Fを作ろうと考えている人にとってベース車両を入手するにもどれにするか迷っちゃいますよねぇ。

そこで、今回はメカニックの独断と偏見でそれぞれのモデルをProject FのモデルになったCB-Fと絡めながら簡単にご紹介してみたいと思います。

まずは各モデルの特徴をザックリ。
・初期STDモデル(5速)・・・マフラーは右側1本出し、ABSの有無やハンドルの高さなどいくつかの仕様あり。
・スペシャルエディション・・・エンジン全体がシルバー。限定車なので入手困難。
・ブラックスタイル・・・エンジンを始め前後ホイールやフロントフォークアウターなどが黒染めされた。ABS有無選択可。
・EX・・・ワイヤースポークホイールでクラシカルな外観。このモデルが発売された年からミッションが6速に変更。ABS標準装備。
・6速STDモデル・・・シルエットは5速STDを引き継いでいるが、マフラーはEXと同じく2本出し、メーターやスイッチ回りも変更。
・RS・・・前後17インチ、足回りも専用品になり走りを追求するユーザーにおすすめ。もりろんProject Fへ仕様変更可能!

各モデルのメーター参考
20100311_CB1100_Type_I_cut_5360.jpg
↑5速モデル

_TOG3491.jpg
↑6速モデル

4.png
↑RS

エンジン、とりわけネイキッドなら一際存在感を発する部位ですね。せっかく見えるならこだわりを見せたいところ。
意外とエンジン色が選べちゃったりします。まずは下記画像で見比べるとイメージがつかみやすいでしょうか。

CB1100.png
↑ガンメタエンジン+バフカバー(5、6速STD、およびRSのグラファイトブラック、キャンディプロミネンスレッド)


20120220_news_h204.jpg
↑ブラックエンジン(BLACK STYLE) ホイール、フォークアウターも黒

0a7b662d.jpg
↑シルバーエンジン(スペシャルエディション、~2016年までのEX)

CB1100_EX_HI_RED.png
↑ガンメタエンジン+シルバーヘッド+バフカバー(2017年~のEX)

とまぁ、大きく分けて4種類もエンジン色がありました。ブラックエンジンはクランクケースやシリンダーブロックもしっかり黒です。
ブラックエンジンは重厚感があり、どっしりとした印象。対してシルバーエンジンは軽快感で出てきます。STDは両者の中間の印象なので、お好きなイメージでお選びください。

<参考例>
RIMG0647.jpg
スタンダードエンジン+スペンサーカラー

20140328_023225000_iOS.jpg
シルバーエンジン+FA外装




DSCN0306.jpg
ブラックエンジン+FB外装

20160311_020536878_iOS.jpg
ブラックエンジン+FC外装ウィングマーク

どの仕様のエンジンでくみ上げてもかっよく仕上がりますよ!!

さて、走りの面ではSTDとRSではホイールサイズの違いもあり、大分印象が違います。ツーリングなど、ゆったりと楽しみたいのであれば18インチのSTD、とにかくどんなコーナーを楽しみたいぜっ!という人にはRSをお勧めします、やはりタイヤの選択肢は17インチに軍配が上がってしまいますねぇ。
装備面ではRSは最先端のLEDヘッドランプ、LEDウィンカーを始め、細身のグリップヒーター(握った感じが全然違和感ない素晴らしいお品!)やETCも標準装備。スイングアームもアルミのゴッツイのが入ってます。その分価格はお高めですが、金額分の差以上に楽しめちゃうと思います。とはいえ、18インチならではの良さは確実にありますし、普通に走るならハロゲンランプでも十分。CB-Fという車両を考えるとSTDの18インチのスタイルもなかなか捨てがたいです。個人的にはブラックエンジン&17インチで1年中走れる仕様を作ってみたいなー、なんて考えてはおりますが・・・
だんだんと自分の趣味の話が混ざって来てしまいましたが、まだブラックエンジンのRSってないんですよね~、なんて話を年末くらいに社内でしていたら・・・



2018年になって早々、ホンダからRSに名称こそBLACK STYLEではありませんが、ブラックエンジンを積んだモデルが発売されてました!迂闊にも情報を仕入れておりませんでした!あちゃー・・・
しかも前回BLACK STYLEはリヤサスのスプリングが黒くなっただけでしたが、このモデルはダンパーも黒い!お陰で前後足回りが引き締まってカッコいいですね!しかもお値段そのまま。

CB1100RS_Gray.png
CB1100 ヘビーグレーメタリック-U

誰かこれでProject Fを作りませんか~!おすすめ。

プロフィール

withmestaff

Author:withmestaff
WITH MEスタッフブログへようこそ!こちらでは、普段なかなかお伝えすることの出来ないWITH MEでの出来事を、スタッフが紹介していきます。

WITH MEホームページ

東京都足立区鹿浜7-11-3
TEL03-5838-7397
FAX03-5838-7398

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター